2013年に“来る!”マネー商品がわかるまる得ニュースFLASH!!
震災復興で日本経済も本格回復……と思いきや、尖閣諸島問題によって中国での日本製品の売れ行きが大幅ダウンするなど、想定外の波乱で急ブレーキがかかった2012年。そのため、株価指数はボックス圏を抜け出せなかったが、たとえ相場全体はパッとしなくても、個別には爆騰ぶりや高利回りで投資家を魅了した銘柄がひそかにある。また、他のマネー商品でもしかり。そんな好成績のマネー商品を表彰してみた!


その? ETFの銘柄が種類豊富に大幅アップ
東京証券取引所と大阪証券取引所の規則改正で、レバレッジ型(ブル型)とインバース型(ベア型)のETFが上場可能に。2012年4月には日経平均やTOPIXに連動するブル型、ダブルブル型、ベア型が登場。昨年末から出たインデックス型よりアクティブなエンハンスト型を含め、種類が豊富に。
2013年は?
規制緩和に伴って種類がますます豊富になったETF。今後、取引量が増加すれば、さらに銘柄数は増えていくでしょう。

その? 保険会社の来店型店舗が急拡大
全国で2000店超ともいわれる保険代理店が運営する店舗だけでなく、大手保険会社が運営する来店型店舗も増加しているようです。店舗数では日本生命のライフプラザが多いですが、明治安田生命は直営型だけでなく、他社の保険も取り扱う乗り合い型の店舗も登場させて注目を集めました。
2013年は?
来店型店舗は、保険販売の重要なチャンネルのひとつになってきていますので、今後も増加していくことは間違いありません。

その? 「フラット35」の融資率の上限が10割から9割に
2009年度から10割だった「フラット35」の融資率が、2012年度から9割に戻りました。頭金なしでも家が買えてしまう状態から、少なくとも物件価格の1割以上の自己資金が必要な状態に戻ったわけです。マイホーム購入のハードルは高くなっても、商品の安全性は高まったといえるでしょう。
2013年は?
民間金融機関などの住宅ローン商品の融資率は10割のところが多いので、これ以上の引き下げはないかもしれません。

その? 個人向け復興応援国債に注目集まる
個人向け復興国債(変動10年)をベースに、当初3年間、年0.05%の低い金利設定で我慢すると、購入額1000万円ごとに1万円金貨1枚、購入額100万円ごとに1000円の銀貨が1枚もらえる独特の商品性が注目を集めました。お得感を演出しましたが、販売額は減少傾向のようです。
2013年は?
もともと集中復興期間最終の2015年限定の金貨・銀貨なので、来年度は、また新たな国債が登場するかもしれません。

その? 会員制インターネット投資信託サービスが人気に
ゆうちょ銀行が2012年5月7日から会員制インターネット投資信託サービス「ゆうちょ投信WEBプレミア」の取り扱いをスタートさせました。有料会員にはキャッシュバックがあったり、投資信託の購入額に応じたANAやJALのマイルのプレゼントがあったりと、独特なサービスを展開中です。
2013年は?
ほかの金融機関がどの程度追随するかは不透明ですが、ネット経由の購入者向けのサービス競争はますます激化するはずです。

その? カード各社が単純保険商品に注力
JCBがカード会員を対象に5つのプランから選べる「トッピング保険」を発売。これはJCBを団体保険契約者、会員を被保険者とする団体保険。また、三井住友海上火災保険は、三井住友カードの会員向けに9種類のオプションを組み合わせて補償内容が設計できる「ポケット保険」を発売しました。
2013年は?
今後もカードなどの特定会員向けや団体向けの単純保険商品が、ネットなどを通じて増えていくことでしょう。

その? 低解約返戻金型終身保険がヒット
払込期間中の解約返戻金の額を通常の終身保険よりも少なくなりますが、支払う保険料の割安さや、低解約返戻期間を過ぎた後の総支払保険料に対する解約返戻金の戻り率の高さが特長の終身保険です。東京海上日動あんしん生命保険の「長割り終身」が人気を集め、商品数が増加傾向に。