イクメンは多数派? パパの約8割が子どもの出産に「立ち会った」と回答

写真拡大

写真共有アプリ「nicori(ニコリ)」を運営するオロは28日、1月31日の「愛妻の日」にちなんで実施した調査結果を発表した。

同調査は2012年12月、全国の父親580人を対象にインターネットにて実施された。

「子どもの出産に立ち会えましたか?」という質問に対し、77.9%が「はい」と回答、「いいえ」は22.1%にとどまった。

また「しゃべった瞬間」については立ち会えた父親は56.0%。

「いいえ」と回答した父親は、他の設問に比べてもっとも多い、44.0%だった。

子どもの成長の瞬間に立ち会えなかった父親に、「その瞬間をどのような手段で知りましたか?」と質問したところ、「出産」の瞬間は「電話」で知らされた人がもっとも多く47.7%となった。

一方で、それ以外の「笑った」「立った」「歩いた」「しゃべった」については半数以上の父親が「家に帰ってから教えてくれた」と回答しており、子どもの成長の瞬間を知るのに時間差があることがわかる。

「子どもの成長の瞬間(出産、笑った、立った、歩いた、しゃべった)に立ち会えたかどうか」という質問に対して、一つでも「いいえ」と回答した人に立ち会えなかった理由を質問すると、「仕事中だった」がもっとも多く89.2%となった。

子どもの「はじめて」でうれしかったことの1位は「笑った」(32.8%)となった。

また2位は「しゃべった」(17.8%)、3位は「歩いた」(15.3%)という結果となった。