『となりのなにげさん』作者の漫画家・橘紫夕先生にインタビュー

日常のなにげないトラブルを、どこからともなく現れて解決してくれる。そんな、不思議な、カワイイ彼女の名前は「なにげさん」。
ロングヒット中の4コマ漫画『となりのなにげさん』の生みの親の橘紫夕先生に、学生時代の話から、秘話や、近況や、「なにげさんのタイプの男性」などについて語ってもらった。

現在、『となりのなにげさん』3巻が芳文社より発売中。『ひよわーるど』2巻が竹書房より発売中。

【関連:漫画家の竹本泉先生にインタビュー】

 

――橘先生は、どのような学生でしたか?

「ひよわーるど」が私の高校時代をモデルにした漫画なのですが…まぁ割とあんな感じでした。
あそこまで表立ってふてぶてしくは無かったのですが。(笑)

「自分を動物にたとえたら何?」みたいなのが一時流行しましたが、友人に「どの動物も該当しない、かといって宇宙系でもない」と困られた結果菌類になりました。
きのこ…?

――思春期はどのようなエンターテインメント(音楽、映画、漫画、小説など)を好まれていましたか。

学生の頃は幽遊白書−るろうに剣心−封神演義−ヒカルの碁の系譜でした。
小説は児童図書や純文学含めかなり読みましたが、定期的に買い続けたのはフォーチュンクエストとスレイヤーズです。
音楽は新居昭乃さん。
割と統一性が無い感じですが、基本的にはファンタジーが好きだった…はず。

――突然、「漫画家になりたい」といってすぐなれると思いにくいのですが、橘先生の場合は、どのようにして商業でお仕事をされるようになったのでしょうか?

大学時代にストーリー漫画で少年誌に投稿していたのですが、うまくいかず一旦就職しました。
その頃「ハムスペ」を発見し、4コマなら働きながらでも描けるかな?と。
社長秘書だったのですが割と暇な時間があったので、職場でこそこそ描いて投稿し始めました。
デビューはできない一番小さい賞(同じやつ)を数回取った後、何の進歩もないのでめんどくさくなって、次の投稿作と一緒に「オマケ」と書いたネームを30Pぐらいぶっ込んで送ったら掲載依頼のお電話が…。
ヤル気を見込んで頂けた様です。
(注*これを見て我も我も!と安易に真似するのは危険です。怒られる可能性の方が高いかも?)

――『となりのなにげさん』おもしろいですね。個人的に大好きな漫画の一つです。
どんな悩みも問題も、素晴らしいアイデアで解決してくれる、なにげさんみたいな娘がいたら助かるし、日本が平和になるのになと思います(笑)
なにげさんのお話の発想を思いついたのは、どのような時だったのでしょうか?

ありがとうございます。
なにげさんのモデルは某4コマのキャラです。
最初はもう少し暗いシュールな感じで、男の子だったのですよ。(笑)
それを4コマ誌以外の所に投稿したら小さい賞を貰えたのですが、やはりデビューまでは行かずお蔵入りに。
二年くらい経って、ふと「もう少しストレートにけなげな感じの女の子にするべきでは?」と思い付き、今に至ります。

現実の世界には、嫌なことや悲しいことがたくさんありますが、漫画の中で位ホッとできたらいいなと思って描き始めました。
ストーリー漫画を投稿していた頃は「キャラが全員良い人すぎる」「ぬるい」と散々言われていましたが、今は良い方に作用しているのではないかと思います。

――なにげさん、レンや、ユウや、新聞委員の娘などの、キャラクターの発想についてはいかがでしょうか。モデルはいますか?

なにげさんは優しいので、やや毒のあるネタはイメージに合わないとよくボツになっていました。
でも優しいだけだとお調子者が野放しになりかねないので、スパルタ役としてレン様を投入。
ユウちゃんは未熟ななにげさんとして、やはり通常のなにげさんではカバーできなかったネタの担当です。
レン、ユウ、咲、新聞部、大野兄妹あたりにはモデルはいません。
図書委員は友人がモデルです。
友人自体はGカップですが、他にIカップの知り合いもいたのでIカップに設定しました。
あと、体育教師が概ね脳筋なのは実体験に基づくものです…すいません。

――3巻の表紙ですが、お茶碗や、可愛いお魚や、タイトルロゴや、黄色い背景色など、デザインが綺麗ですね(1.2巻もロゴは同じだと思いますが)。
どのようなコンセプトで作られましたか?

とにかく何か世話を焼いてる感じにしたくて、小道具を並べてみました。
やっぱりなにげさんはちょこまか動いてる感じが良いかな、と。
1巻の頃は等身の高い絵にしてきらら的萌え漫画を気取りたかったのですが、却下されました。(笑)
今ではこれで良かったかなと思っています。

なにげさん1なにげさん2なにげさん3

――4コマという制限があるのに、構図やアングル、小物(バッグやコーヒーカップなど)のデザインが素敵ですよね。意識されていることはありますか?

正直なところ絵は下手でして、特に背景が描けません。
そのかわり立ち位置などはわかりやすいように気をつけています。
あまり描き込みが似合う絵でもないので、すっきり読みやすい方向で。

想像で描くのも苦手なので、アイテムは主に私物です。(笑)
でもコマが小さくて、アイテムが一部しか入らないことも多いので、ちょっとしか見えなくても何が描いてあるかがわかるようにしなければと思っています。

――みんな気になっているとは思うのですが、なにげさんは何者なのでしょうか?

……秘密にしておいた方が良さそうです。(笑)

――なにげさんのタイプの男の子って、どんな人なのでしょう?

一緒に縁側でお茶を飲んでくれるような…だと全く話が進まないので、いっそ引っ張って行ってくれる人が良いのかもしれませんね。

─去年を振り返ってみていかがでしたか? 今年はどういう年にしたいですか?

これだ!と言う何かが無いまま、あっという間に過ぎてしまいました。
今年は、これを成し遂げたぞ!と言う実感がある何か凄いことをやりたいです。
なにか。

─趣味や、最近はまっていることはありますか?

今は革細工が楽しいです。その前はぬいぐるみを作ったりフィギュアや銀細工と色々やりすぎたので、部屋が各材料でえらいことになっています。

あとは…着物を着て京都へおでかけ、でしょうか。
でも一緒に着物で出歩いてくれる友人がほとんどいないので、もっぱら一人歩きです。
着物の長毛種がもそもそしていたら私かもしれません。

――お忙しいところ、ありがとうございました。

【プロフィール】
橘紫夕(たちばな しう):大人気の4コマ漫画家。まんがホーム「となりのなにげさん」、まんがくらぶ「ひよわーるど」連載中。

【リリース情報】
『となりのなにげさん』3巻が芳文社より発売中。
『ひよわーるど』2巻が竹書房より発売中。

【オフィシャルサイト】
「DEAR MINE」
http://www6.ocn.ne.jp/~bluebird/

【ツイッター】
https://mobile.twitter.com/tachibana_shiu

(インタビュー:川上竜之介)