女性の恋の作戦ミス -「ダイエットでガリガリに」「待ち伏せしてひかせた」

写真拡大

恋は盲目……。

相手を好きすぎて、自分も周りも目に入らず、まちがった行動をとりがちなもの。

今回は、後で考えると倒れ込みたくなるような、恋愛のまちがったがんばりをした経験はないか、マイナビニュース独身女性会員300名に聞いてみた。

Q.今になって思う……恋愛でまちがったがんばり方をしたことはありますか?はい 27.0%いいえ 73.0%Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)どんながんばり方をしていましたか? その結果、どうなりましたか?■キャラを作り過ぎた・「いいなと思った人が、明るい子が好きだと聞いて、テンション高く元気キャラでがんばりまくったが、結局その人はおとなしくて家庭的な人と付き合った」(30歳女性/金融・証券/事務系専門職)・「ちょっと天然ぶってたけど、バレバレでなんかすごいイタイ子だと思われてたと思う」(21歳女性/学生/その他)・「自分のキャラでないのに上目遣いをしてしまう……たいていにらまれるように感じるらしい」(26歳女性/食品・飲料/技術職)・「好きな人が参加する時だけ、服装とかかわいい系にしてたけど、普段から着慣れてないからチグハグな服装だったと思う」(27歳女性/金融・証券/専門職)・「自分のキャラとは違うしゃべり方をし続け、途中で疲れてしまった」(24歳女性/生保・損保/営業職)■相手に合わせすぎた・「相手の好きなものについて一生懸命調べて、無理に話を合わせようとしていた……その結果、実際に会った時にボロが出て、うまく接することができなかった」(23歳女性/小売店/販売職・サービス系)・「なるべくけんかしたくなくて気をつかって自分が我慢ばかりしていたら、疲れてしまった」(26歳女性/商社・卸/営業職)・「つくしすぎていた……1万かけてタクシーで帰っていた……」(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)・「なんでも従っていた」(34歳女性/不動産/事務系専門職)■アピールが強すぎた・「好きなことをアピールし過ぎてしまい、逆に嫌われてしまった」(21歳女性/学生/その他)・「しゃべりすぎた」(29歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)・「ともかくメールや飲み会で近くに座るなどの周りにもバレバレの猛アピール! 好かれるどころか避けられてしまった」(25歳女性/その他/その他)■素直になれなかった・「甘えればいいのに強がってたかも」(33歳女性/その他/その他)・「素直になれず、会いたいのに、相手に迷惑かといろいろ心配して言えなかった……その結果、相手に好きかどうか不安にさせていた」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「変な意地を張っていましたw自分も好きなのに素直に感情を表現できなかったというかw」(23歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)■若気の至り・「中学生(田舎の中学校)の頃、まじめ・地味な子だと好きな人に思われたくなくて、スカートを短くしたり、化粧をしたりした……好きな人からはどう思われたか知らないが、当時一番仲の良かった友達(女子)からいじめられた」(22歳女性/商社・卸/営業職)・「とりあえずメアドをゲットすることが第一歩だと思っていた……いくらメールができたとしてもそこから頑張らないと意味がないし、ただのメル友で終わる」(22歳女性/情報・IT/クリエイティブ職)・「中学生の頃、アプローチの仕方がわからず待ち伏せをしたりして相手を引かせてしまった」(25歳女性/金融・証券/事務系専門職)■でもエラい!!・「やたらダイエットをしてしまい、ガリガリになってしまった」(34歳女性/金融・証券/事務系専門職)■総評恋愛でのまちがったがんばり、一番多かったのは「キャラを作り過ぎた」というもの。

かわいい系、気が利く系、元気系、天然系……と人それぞれにキャラは異なるが、”好みと思われる女性”を無理して演じてしまい、自分の首を絞めた、という話が多数寄せられた。