恋の頑張り方を間違えた男性 - 「懸命に肉体美作り」「性的なことを我慢」

写真拡大

好きなら近づきたいし、話したいし、触りたい……それが男心というもの。

しかし、女心を考えずに突っ走ったり、逆にひき過ぎたりすると、はなから相手にしてもらえないケースも多々ある。

マイナビニュース会員独身男性300名に、今までの恋愛でやってしまった”まちがったがんばり”について、聞いてみた。

Q.今になって思う……恋愛でまちがったがんばり方をしたことはありますか?はい 22.3%いいえ 77.7%Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)どんながんばり方をしていましたか? その結果、どうなりましたか?■猛アピールしすぎた・「やたら接する機会を増やそうと近づこうとする、逆に遠ざかっていった」(25歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)・「一生懸命話しかけていたら、煙たがられてしまった」(23歳男性/ソフトウェア/技術職)・「異常なほどにアタック、のち撃沈」(22歳男性/金融・証券/専門職)・「嫌われている相手に好かれようと積極的にアプローチした……その後、同じ場所にいなければならないときはとにかく距離を取られ、一切の接触を絶たれた」(24歳男性/医療・福祉/専門職)■メールや電話での過ち・「必死に話題を見つけて毎日メールをしていました……相手からメールが先に来ることは無く、ふとした時に自分から連絡をすることがなくなり、そのまま終了しました」(29歳男性/団体・公益法人・官公庁/専門職)・「無用に電話しまくったりして、見ようによってはストーカーのようになっていたかも……結果、発展しないまま、自分から身を引いた」(42歳男性/電機/技術職)・「距離を縮めようとして甘えた感じのメールを年下の女の子に送っていたら、気持ち悪がられてしまった」(29歳男性/電機/技術職)■とにかくプレゼント攻撃・「相手に気に入られようとプレゼントばかり渡していたこと」(27歳男性/その他/技術職)・「いろいろな物を買った」(48歳男性/その他/その他)・「常におごっていた、そして避けられるようになった」(29歳男性/商社・卸/営業職)■自分を殺して失敗・「何でも相手を優先すればいいと思っていたが、かえって不安にさせて別れた」(36歳男性/人材派遣・人材紹介/技術職)・「とにかく彼女に尽くして、わがままを聞いたりしていたら、彼女の自己中とわがままがひどくなり、手に負えず別れた」(26歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)・「相手に合わせ過ぎた自分を押し殺していた部分もあったので、付き合っていて疲れてしまった」(29歳男性/印刷・紙パルプ/事務系専門職)・「性的なことをにおわすのを我慢してたら、男としてみられないと言われてしまった」(28歳男性/電機/技術職)・「ただただ優しい人でいた」(25歳男性/情報・IT/技術職)■ナルシストはダメ・「肉体美を作ることに一生懸命で、その人に対して何もアプローチしなかった」(31歳男性/機械・精密機器/技術職)・「見た目ばかり気にしていたが内面を磨くことが大事だと思った」(29歳男性/その他/その他)・「見栄をはって、かっこよくみせたがっていた……付き合ってからもそれを維持するために背伸びをして疲れた」(26歳男性/金融・証券/営業職)・「かっこつけすぎるのはダメ、痛いだけ、評価が下がったと思う」(24歳男性/小売店/販売職・サービス系)・「自分がかっこいいと思っている道を究めるのは大体間違い」(26歳男性/食品・飲料/技術職)■完全なる作戦ミス・「嫌われないように控え目にアピールしていたら、全然アピールになっていなかった」(26歳男性/情報・IT/事務系専門職)・「相手に好きになってもらおうとして、突っぱねた行動を取ったら、嫌われた」(29歳男性/自動車関連/技術職)・「どんな時も男らしくいようと頑張ったが、その子は弱いところもみせてほしかったらしい」(29歳男性/食品・飲料/その他)・「距離を縮めようとしていろいろ話を聞いてあげたり、遊びにつきあったりした結果,距離が近くなりすぎたらしく、異性として意識されなくなってしまった(本人から「○○って男友達ってより女友達か,家族みたいな距離感なんだよね」と直接言われてしまった)」(22歳男性/農林・水産/技術職)■総評恋をして、まちがった方向に突っ走ってしまった、そんな経験がある男性は2割強。