街はいつの時代も「未来」を先取りして楽しむ傾向があるようですね! 恋の成就・バレンタインに向けて、チョコレートの種類やアイデアも豊富にギフト商戦が繰り広げられています。好きな人に気持ちを伝えることや、胸の内を告白することは、とても勇気のいることです。想いを受け止めてくれるかどうか不安ですし、同時に悲しい思いや傷ついたりはしたくないですものね。

 出会いは直感的で偶然的なもの。恋のフィーリングが合うのは嬉しいことですが、気持ちだけでなくお互いのプロフィールが上手く伝わりあえていないと、一時の感情だけで終わったり、誤解が生じてしまい「こんな人だと思わなかった!」という具合になったりしかねません。

 私はマヤ暦や「オラクルカード」を使って鑑定をしていますが、恋愛相談をうけていて同じようなことで悩んでいる人が多いことに気づきます。「恋は盲目」とはよくいいますが盲目とはまた少し違って、そうなる以前に不安感に苛まれて空回ってしまったり、気持ちがちゃんと伝わりあっているのにも関わらず妄想・錯覚によってネガティブな感情を抱いてしまったりする人が多いように感じます。

 そこで今回は、「好きな人」との恋を成就させるために、私の鑑定体験をもとにマヤ占い的な恋愛プロファイリングの仕方をご紹介してみましょう!

 プロファイリングという言葉を聞くと、捜査上での犯罪行動分析や統計的心理の解析といったイメージをもたれるかもしれませんが、この英語の語源は「プロフィール(人物像)」。プロフィールの分析や人物像の輪郭を描き出すという意味ももっています。

 マヤ神話や占いの象徴をみていくと、この世界は天と地と冥界という3つの世界から成り立っています。それぞれが見えない蜘蛛の糸でつながりあっていて、一人一人の心の中で人生という樹を育てていることの喩えです。

 美しく純真で聖い心は「天の心」、良い悪いが共存するアンビバレントな世界が「地の心」、そして不安で暗い心や無意識のように自覚できない心が「冥界・夜の心」です。この3つの世界が自分のなかでバランスよくつながっているとき、マヤの時神様は働きやすく力が引き寄せあうので、人生や恋愛が順調に進むのです。

 好きな人に素直な気持ちを伝えて2人一緒に道を歩くためには、まず「自分の3つの心」そして「好きな人」をプロファイルすることが大切です。

 不安な要素やあなたの愛する姿勢を自分で整理し、同じように好きな人のこともプロファイリングしてみることで、天の心は「女性」性を高め、感情を安定させ、自分自身を愛し、また内側から女性としての魅力や美意識が強まって輝き度も増してくるため、愛情関係を豊かにするための恋愛力も上がってくるのだと感じています。

マヤ占いのプロファイリングとは

 「マヤ占い」は、自己分析だけでなく、他の人のことを知る方法の1つとして分析や謎解きを得意としています。自分自身、そして好きな人の3つの心の世界のあり方を知り、それを受け入れていくこと、それがマヤ的な恋愛プロファイリングです。


天の心 マヤ神話で天の心を司る神は、天の星を造り最初の人間を生み出した母神で「創造と天国の女神」です。あなたの愛が欲情や嫉妬、自己愛などのようなものではなく、どこか神聖で天使のように純真でミルキーウェイに輝く星のように美しいものであるとき、天の心を司る神はあなたの愛を尊重し、大切な人と幸せになれるよう縁をつないでくれるでしょう。

地の心
 地の心を司る神は、プレアデス星団とつながりをもち、7つの洞窟で大地を浄化するために不浄を食らい、敏感に反応しながら「食」を得る知恵をもつ女神です。地の心はアンビバレントな心の働きをもっていて、天の心が陽であるのに対して陰としての性質をもっています。あなたが2つの想いに揺れるとき、地の心が働いています。愛されたいけど愛されたくない、一緒にいたいけど離れていたい、女性であると同時に母なる愛もある、などのように相反する想いや感情が共存し葛藤する心の状態です。このように「地の心」が葛藤という性質をもっているため、人は愛にさまよってしまうのではないかと思います。

 ときに葛藤が嫉妬や愛憎などを生み出してしまうと、不浄を食らうために神々は過剰に働きだします。もしもあなたがそのような葛藤や悩みの渦中にいるとしたら、それは善悪で判断されるものでも不安やネガティブに妄想してしまうのでもなく、天の心を取り戻すための黄色信号のようなものなのです。

 葛藤やアンビバレントな心をもっているのは、古代からずっと人間の心にあるものなのです。地の心を自分の中に吸収して浄化し、整理してみましょう。また食の知恵を通して、彼の気持ちを思い、美味しい食事を通して気持ちを伝え合うことは良い効果を生み出すかもしれません。

冥界・夜の心
 冥界は死の世界や無意識、暗闇とつながっていて、自分自身が知ることも制御することもできない心の領域です。死神や雨と雷の神、風の神々が司っているのですが、同時に「希望」や「救い」の神も宿っている世界です。一般的にいわれる過去からのカルマや思い癖、過去のトラウマや幼少期の生育環境などによって異なるものが潜むアーキタイプや神話素の世界です。

 もしもあなたが深い闇を抱えているのなら、癒しや赦しが必要でしょう。また同じように好きな人にも「夜の心」はありますので、たとえどんなに好きであってもそこには触れてほしくないかもしれません。恋愛の始まりにおいて当初は、お互いの夜の心の世界には踏み込まないほうが良いのかもしれません。「天の心」「地の心」の愛さえあれば、冥界・夜の心は少しずつ癒されていくものだからです。

自分も相手もプロファイリングする

 あなたは次のようなことで一人悩んだり不安を抱えたりはしてはいませんか?

・メールを出したがすぐに返事がこない
・自分だけが電話やメールを送っているが、相手からはこない
・忙しいからすぐには会えないといわれる
・次の約束をしてくれない
・電話やメールがきているのに、頻度が少ないので不安
・相手が何を考えているのかわからない
・自分以外にも誰か別の人とメールしているみたいで不安

 またあなたは相手に対して、次のうちどのような気持ちをもっていますか?

・相手の気持ちがどうであっても、自分はその人を好きである
・相手が好きになってくれないと、自分が好きでいることはできない
・自分の気持ちを伝えたら、結果はどうであれ自分らしいと思える
・相手の気持ちは多少わかっているが、言葉にして伝え合っていないためいつも不安
・自分が幸せになるために、相手の夢を犠牲にはしたくない
・幸せは2人で作って行けばいいので、まずは気持ちを受け止めてほしい

 これらは自分、相手をプロファイルするために必要な基準のいくつかです。恋愛に正解の答えなどはありませんからね。

 最近、若い人からの相談を受けていると、自分の気持ちと不安が交錯し、自分自身がどのような愛の形を求めているのかを自己認識しないまま、相手の反応や行動ばかりが気になってしまう人が増加しているように思います。余計な不安や葛藤は、せっかくのチャンスや良い結果を台無しにしてしまいかねません。

 自分の3つの心に素直であること、相手を思う気持ちに駆け引きなどもちこまないこと、相手の意思や状況を尊重する広くて優しい天の心を大切にすること、そして何より相手のことを好きでいるためにも恋愛プロファイリングをして、幸せになろうとすることが大切だと思います。

 来月はバレンタイン。是非、好きな人に想いを伝えきってくださいね。

日経ウーマンオンライン会員限定コンテンツ

日経ウーマンオンラインの会員に登録いただくと、マヤ占いで毎日あなたの運勢を占えます。仕事にお金に恋愛に、目標や夢についても多方面から占います。ぜひご登録ください!

すでに会員登録済みの方
⇒ お届けしているメルマガに掲載のURLから占いページへ
まだ登録されていない方
⇒ こちらからご登録ください。