超低カロリーなパスタのつくり方がわかった!

写真拡大

パスタっておいしい。

それ1品で食事になるし、ソースを変えるだけで全く飽きない。

ただ、ちょっと気になるのがカロリー……。

パスタは食べたい。

でもカロリーは抑えたい。

そんな風に考えていた時に思いついたのが野菜をパスタにする方法である。

使う野菜はなんだっていい。

今回は冷蔵庫にたまたまあった大根やズッキーニを用いてみたが、人参でもOK。

わが家にはスライサーがないため、ひたすら皮むき器で野菜をむいていく。

これで平打ちパスタのような見た目になる。

このようにして大量生産した平打ちパスタ風野菜は軽く炒めて水気を飛ばしてからパスタソースとあえるのがベター。

むいた野菜をパスタソースと一緒に器に盛り、電子レンジで加熱していただくのも一層簡単でいいが、少々水っぽい仕上がりになってしまうのでソースに塩胡椒をプラスするなど、少し濃いめの味付けにするとよい。

完成した野菜パスタは、フォークでくるくると巻けて本物のパスタみたい! パスタソースは、野菜が淡泊な分、ミートソースやカルボナーラなど濃厚な味わいが向く。

市販のソースを使ってしまえば簡単だ。

スパゲティは乾麺で1人前(80g)が302kcal。

今回は1人前として、ズッキーニ2本と大根1/2本分を使ったが、それぞれのカロリーは56kcalと81kcal。

大幅なカロリーダウンに成功した。

えっ? 野菜をむくのが面倒だって?? ダイエットのためです、それくらい頑張ってください!材料(1人分)ズッキーニ 2本 / 市販のミートソース 1人分/ 油 少量 / イタリアンパセリ 適量つくり方ズッキーニはへたを取って皮をむいたあと、皮むき器などで細長くむいていく。

フライパンに少量の油をひいて1を軽く炒める。

器に盛り、温めておいたミートソースをかけてイタリアンパセリをあしらって完成。

材料(1人分)大根 1/2本 / ベーコン 1枚 / 卵黄 1個分/ 市販のカルボナーラソース 1人分 / 油 少量 / イタリアンパセリ 適量つくり方大根は皮をむいた後、皮むき器などで細長くむいていく。

フライパンに少量の油をひいて、1を水気を飛ばしながら炒める。

水気がなくなったらフライパンから取り出す。

フライパンに油を少量の油を入れ、細く切ったベーコンをカリッと炒める。

ここに市販のカルボナーラソースを入れ、温まったら2を戻してあえる。

火を止め、卵黄を加えて全体に絡めたら完成。

イタリアンパセリをあしらってどうぞ(ソースの調理法については、使用するパスタソースのパッケージを確認の上、作業を進めること)。

野菜のパスタは、少し厚めのほうが食感が出て食べごたえが増す。

皮むき器でつくる際は、刃を野菜にたてるときにグッと力を入れて一気に向くと、少し厚みのある仕上がりになる。