居住者限定サービス、マンション共有ルームで「キッズ英会話教室」を開始

写真拡大

マンション管理支援事業を手がけるディグアウトは1月22日、大手予備校「東進ハイスクール」を運営するナガセと業務提携し、同社が提供する「東進こども英語塾」のカリキュラムを、大規模マンションの共用ルーム内などで提供するサービスとして3月より開始すると発表した。

ディグアウトは、2012年4月よりマンション内の敷地や共有施設などを使い、住民のコミュニティー形成を目的としたイベントやカルチャー教室、カフェなどの企画運営を行うサービス「Yuuto(ユウト)」を開始している。

今回の「キッズ向け英会話」はその一環として、既築および新築マンション居住者限定の付加価値サービスとして提供する。

同サービスでは「セサミストリート」を題材にしたカリキュラムを採用。

マンション内のキッズルームや会議室などを利用しているため、送り迎えの負担が軽減されるのが特徴だ。

同社では、「子どもにとっては同じマンションに住む友達同士で楽しみながら学べるため、学習意欲の向上にもつながる」としている。