「自己分析」「エントリーシート」に続き、第三弾は「面接」。アピールしたいことを一方的に言う面接で終わるのではなく、コミュニケーションとしての面接を成功させるにはどうすれば良いのか?本格的に面接が始まる前の今だからこそ読んでおきたい面接の考え方が変わる連載です。

「しゃべる内容」に依存していては、伝わらない

2013年4月1日 AM10:00
きみは第一志望の企業の面接会場にいる。
ノックをして入室するところだ。

この日から、面接が一斉にスタートする。

そのとき、きみはどんな気持ちでいるだろうか。
いや、どんな気持ちでいたいだろうか。

「不安でしょうがない、もっと頑張っておけばよかった」か。
「やれることはやった、あとは自分を出すだけだ!」か。
「面接に進めたことへの感謝の気持ちで一杯だな」か。

就職活動の最終局面、面接。
自己PRや志望動機などを直接聞かれる場だ。

しかし、ここにおいて一番重要なのは、実は「しゃべる内容」ではない。
むしろ「しゃべる内容」ばかりを意識している人は落とされる。

面接は一問一答の質疑応答やアンケートとは異なる。
きみと面接官が目と目を見つめ合い、心を通わせ、
質問に答えながら打ち解けあって対話していくコミュニケーションだ。

「しゃべる内容」に依存していては、伝わらないものが多くある。

では、何が重要なのか。

今回は、僕が我究館生に日々伝えている、面接の重要ポイントの中から、
特に大切だと思っている数点をお伝えしていこう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)