愛犬・愛猫と共に暮らすための快適住宅とは?

写真拡大

今や立派な家族として人と共に暮らしているペットですが、ペットと共に暮らすライフスタイルが増えている一方で、ペットと共に暮らすための家が格段に少ないのも事実です。

しかし、住宅業界はペットと共に住める家を徐々に提案し始めています。

そんなペットも喜ぶ快適住宅とは、どんな家なのでしょうか。

■ 大和ハウス「ペットと暮らす家」xevoシリーズそのうちの一つが、「共育」「共生」をテーマにしている大和ハウスの「ペットと暮らす家」です。

ペットと共に暮らすには、お互いのテリトリーが違うこと、人間とペットそれぞれのルールを守らなければならないことが大切です。

ペットにマナーやしつけを教えながら、お互いに心地よい暮らしを作ることをテーマにした家を提供しています。

ペットの居場所を確保すること、ペットのトイレを設けること、通り道を確保すること、「入ってはいけない」を教えるゲートを作ること、荒らされにくい「隠し収納」を用意すること。

「共育」「共生」という観点から、ペットとのライフスタイルで悩みがちだった事柄をカバーできるのが、xevoシリーズの「ペットと暮らす家」の特徴といえます。

■ 積水ハウスのペットと暮らせる家づくり「ディア・ワン」「side x side(サイド・バイ・サイド)」をテーマにしているのが積水ハウスの「ディア・ワン」です。

動物サイドから見た考えと、人間サイドから見た考えが一致するような家づくりをテーマにしています。

リビングやダイニングを中心にペットと過ごす人向けのLDスタイル、どこに行くにもペットが一緒だという方向けの制限を設けないフリースタイル、運動量が多い中・大型犬向けのコートスタイル、猫との暮らしをテーマにしたキャットスタイルなどがあります。

ペットと人の生活動線を取り入れているのが特徴といえるでしょう。

■ へーベルハウスのペットと仲良く暮らす家「プラスわん・プラスにゃん」ペットがのびのび暮らせることをテーマにしているのが、へーベルハウスのペット共生住宅「プラスわん・プラスにゃん」です。

パネル交換だけで通常のドアにも交換可能なペット・ドアや、傷や汚れに強い内装材の使用、階段下のスペースを活用したペットの部屋、またへーベルハウスならではの屋上を利用したペットと遊べる屋上庭園の提案などがあります。

人間の暮らしやすさもさながら、ペットが楽しみながらのびのび暮らせる家を提供しているのが特徴といえそうです。

■ 思わぬ資産価値ペット共生住宅が普及していくかどうかによって、大きく意見がわかれるところですが、一般的に中古住宅で売れやすい物件と売りにくい物件の大きな違いは、「ほしいと思う人がいるかどうか」にあると言われています。

ペット共生住宅はターゲット層が絞り込まれており、世間に多く流通していないことから、中古住宅となっても購買意欲のある人に巡り合いやすいというメリットがあります。

また、ペットと暮らす人が求めるポイント、悩みがちなライフスタイルがほぼ同じであることから、中古住宅としてのニーズや将来の見込み性もありそうです。

ただし、このペット共生住宅が一般的に「当たり前」になってくると、他の住宅と変わらない条件が住宅購入に求められ、かえってペットが住んでいたことがマイナス査定になる可能性もしれません。