“美術館”化している人も! みんなの「トイレ」へのこだわりって?

写真拡大

「トイレ」は、誰もが毎日何回かは必ず使用する場所。

できるだけ快適な空間であってほしいものですよね。

みなさんは、そんな日常生活に欠かせない「トイレ」にどんなこだわりを持ち、何を求めているのでしょうか。

今回「マイナビ賃貸」では、その秘密を探るべく、社会人500人に「トイレ」へのこだわりについて尋ねてみました。

「こだわりがある」と回答した人のこだわりポイントとは!? 他人の家の「トイレ」に入る気分でのぞいてみましょう!■「清潔さ」「香り」は譲れない!「1階のトイレは緑系、2階は赤系でまとめている」(男性/40歳/東京都/情報・IT)「既製品の芳香剤は使わず、茶葉でにおい消しをしています」(女性/26歳/福岡県/ソフトウエア)「木炭など、消臭剤は天然のものを利用。

奥の棚には造花を置き、壁紙は意識的に明るい色にしています」(男性/30歳/埼玉県/医療・福祉)「トイレットペーパーはWロール!」(女性/28歳/千葉県/情報・IT)「金運アップのために、黄色い招き猫ダックを飾っています」 (男性/40歳/栃木県/自動車関連)「トイレカバーなどのアイテムは、他の部屋と色を合わせて、統一感を出しています」(男性/32歳/岩手県/情報・IT)「置いているものは脱臭剤程度ですが、老後、車いすでも容易に入ることができるように、開き戸ではなく、スライドドアにしました」(男性/50歳以上/沖縄県/その他)「夏場はとにかく暑いので、壁に小さな扇風機を取りつけている」(女性/26歳/愛知県/ホテル・旅行・アミューズメント)■もはや「用を足す」だけの場所じゃない!?「トイレの壁に世界や日本の地図を貼って、地名を覚えるようにしています」(女性/31歳/京都府/金属・鉄鋼・化学)「お手製のワイヤー製フラワースタンドや刺しゅうの壁掛けなど、趣味の手芸で作った作品を展示して美術館のようにしています」(女性/26歳/埼玉県/団体・公益法人・官公庁)「大したものは置いていないが、部屋自体が狭いので、必然的にトイレは倉庫としての役割も果たすことになる」(女性/26歳/東京都/通信)「わが子の変顔を集めた写真を飾っている」(男性/45歳/埼玉県/情報・IT)「壁に大好きなアン・ジェウクのポスターを貼っています。

私はトイレに入るたびにうっとりしていますが、残念ながら主人と子供には大不評……」(女性/47歳/新潟県/主婦)「部屋のインテリアがシンプルなので、トイレは派手に、ごちゃごちゃといろいろなものを置いている。

キャラクターのフィギュアを何体も置いているし、壁にはダーツが飾ってあります。

掃除は大変ですが、お気に入りの空間です」(女性/29歳/埼玉県/食品・飲料)自分だけの時間が過ごせる場所、リラックスして考え事ができる場所、さらには趣味の展示スペース──。

今や「トイレ」は、「用を足すこと+α」の空間として認識されているようです。

だからこそ、より一層、居心地が良く、すてきな場所にしたいという思いが強くなっていくのでしょうか。

「トイレ」へのこだわりは人それぞれですが、今回紹介したアンケートの回答には、「トイレ」をより「ホッとできる空間」にするためのヒントが隠されているかも!?あなたは、自宅の「トイレ」にどんなこだわりをお持ちですか?文●エフスタイル【アンケート対象】マイナビニュース会員調査期間:2012年12月21日〜2012年12月22日有効回答:500件調査手法:インターネットログイン式アンケート