義理チョコや友チョコ、3人に1人は「20人以上にあげる」 -DAZZLE調べ

写真拡大

美容関連商品レビューサイト「DAZZLE」を運営するエステティクスは24日、「バレンタインに関する意識調査」の結果を発表した。

同調査は「DAZZLE」会員5万人を対象に行われた。

「バレンタインデーに告白した経験はあるか」を聞いたところ、28.9%が「ある」と答えた。

そこで「ある」と回答した会員に「告白が成功する秘訣」を聞いてみたところ、多くが「素直な気持ちを伝えることが大切」と回答。

そのほかには「ナチュラル系メイクでいつもとのギャップを出す」「うるうる目で上目使い」「小悪魔にいけば成功する」「日頃から勘違いさせるようなことをして気をもたせておく」などのアドバイスもあった。

「本命にはどうやってチョコを渡すか、または渡したか」との問いには、渡した経験がある人の8割以上が「直接会って」と答えた。

渡した場所は「車の中で」「帰り道に」「待ち伏せして」という意見が目立った。

また、彼氏や配偶者に「いつもありがとう」「いつもお疲れさま」と言って渡す人や、「恥ずかしいから友だちに付き添ってもらう」という人もいた。

直接会わずに渡す派は「ポストに入れる」「部屋のどこかに忍ばせておく」「郵送」などの手段を使っていた。

「バレンタインデーに本命チョコをあげる予定」については、65.4%が「予定あり」と答えた。

また「義理チョコ・友チョコを何人にあげるか」については、「10個未満」が29.8%ともっとも多く、以下「10個以上」が14.4%、「20個以上」が13.6%、「30個以上」が11.5%、「40個以上」が9.6%、「50個以上」が3.8%となり、3人に1人は義理チョコを20個以上渡す予定であることが分かった。

「あげない」と答えた人は17.3%だった。

「バレンタインデーのチョコレートは手作りか、購入するか」との問いには、96.1%の人が「手作りする」と回答した。

また、手作りチョコにかける費用は平均3,000円だった。