現物も信用も株取引ならライブスター証券がおトク!
「2012年ネット証券ランキング」(ストック・リサーチ社)のコスト重視派部門において、1位を獲得したライブスター証券。他社にはマネできない格安コストに魅力を感じ、現役東大院生の木村美紀さんが口座開設!


http://www.live-sec.co.jp/

新規口座開設から2カ月間は手数料無料
「さまざまなコストを削減することで、業界最安値水準の手数料を実現しました」とは、証券営業部の高橋誠一さん。

木村●前回、株の売買手数料が業界最安値水準ということをうかがい、さっそくライブスター証券に口座開設を申し込みました。

高橋●ありがとうございます。新規口座開設後から約2カ月間(40営業日)は、現物および信用取引の手数料は無料ですので手数料を気にせずにトレードしてください。

木村●私の投資スタイルは、少ない利益を積み上げていくデイトレード。手数料が無料のうちにバリバリ稼がなくっちゃ。これまでは現物取引オンリーでしたけど、この機会に信用取引にもチャレンジしてみようと考えています。

高橋●信用取引だと、売りからも入れますので、下落する銘柄でも利益を上げることが可能になります。投資機会がグンと広がるはずですよ。もしかして、売りから入る「カラ売り」(信用売り)に抵抗感があったりしますか?

木村●それはありません。FX(外国為替証拠金取引)もやってますので。特に信用取引をやらなかった理由はありません。ただ、タイミングというか……。

高橋●そもそも、木村さんの年代だと、「株は下がるもの」という意識があるのではないですか?

木村●その通りです。バブル時代のお話はいろいろなかたから伺いましたが、下落相場ばかり見てきたので実感がわきません(笑)。

高橋●それでいいと思います。バブルを経験した投資家には、「株は上がるもの」という変な先入観があって、それがトレードの邪魔になってしまうことも多々ありますから。

木村●デイトレードと決めてエントリーしたのに、下がったから長期投資に切り替えるとか(笑)。

高橋●ありがちなパターンですね。結果、塩漬けになってしまうとか……。もうそうなってしまうと最初の相場観はどこかへ行ってしまいます。トレードはエントリーしたときの心理状態が一番フラット。最初に決めたルールを厳守するというのが、トレードを行なううえでの第一歩なんです。

木村●私、そこはしっかり守っています。利益確定もわずかですが、損失にはすごく臆病なんです。せっかくですから、デイトレのカラ売り銘柄の見つけ方を教えてください。

高橋●当社の取引ツール「ライブスターR」を使えば、簡単ですよ。

木村●マウス操作だけですべてが完結する最新鋭の取引ツールでしたよね。

高橋●はい。基本は前回お伝えした?旬の銘柄〞の見つけ方と同じです。まず、「市況分析ランキング」から「株価急騰落分析」を選択。相場の流れに乗るなら、下落率の高い銘柄や安値更新の銘柄に売りでエントリーすればOKです。テクニカル分析も30種類搭載していますので、マニアックな投資家にも満足していただけるはずです。

木村●つまりは、上昇銘柄の逆スクリーニングを行なえばいいんですね。

高橋●その通りです。加えて、「逆指値」や「イフダン」といった条件付注文を使いこなせば、リスク管理を行ないながら効率よく投資できるはずです。

木村●これまではテクニカル分析などを主に勉強してきましたが、注文方法などもあらためて見直したほうがいいかもしれませんね。あと、FXって取り扱ってますか?

高橋●もちろんです。売買手数料は当然、無料ですし、スワップポイントも業界最高水準に挑戦しています。今ならキャッシュバックキャンペーン等も実施していますので、ぜひお試しください。

木村●本日はありがとうございました。なんだか、明日の相場が楽しみになってきました。

魅惑のキャンペーン実施中!
現在実施中のライブスター証券の主なキャンペーンは以下の通り。?2013年3月31日までの期間中に新規に口座開設すれば、証券取引口座、信用取引口座、日経225先物口座の取引手数料を約2カ月間(40営業日)無料! 無料期間終了後は業界最安値水準の手数料が適用される(下表)。?FX新規口座開設で5000円キャッシュバック(3月31日まで)。?FXの月間取引高に応じて、最大200万円キャッシュバック(1月31日まで)。




木村 美紀
現役東大院生タレント

東京大学大学院に在籍する「現役東大院生タレント」。 大学院で研究に励む一方で、テレビ出演やドラマ監修、書籍の執筆活動なども幅広くこなす。趣味は株式投資。時間に余裕があるときは、デイトレードにもチャレンジしている。



この記事は「WEBネットマネー2013年2月号」に掲載されたものです。