「つけ麺の達人」に「大つけ麺博」受賞作が登場! - 日清食品チルド

写真拡大

日清食品チルドは、「つけ麺の達人 濃厚煮干鶏白湯」(2人前) を28日、北海道・沖縄県を除く全国で新発売した。

「つけ麺の達人」は、2008年に展開を開始した同社のチルドつけ麺ブランド。

今回発売となる商品は、昨年10月に開催された国内最大級のつけ麺イベント「大つけ麺博」で、「つけ麺の達人」賞を受けた東京都・新小岩の「麺屋 一燈」坂本幸彦氏のメニューを、本人監修のもと再現したもの。

まろやかな鶏白湯スープに豚の背脂を加え、煮干、カツオ、サバなどの魚介で仕上げた濃厚なつけだれが特徴。

つけ麺専用の、デュラム小麦粉を20%配合した極太麺にしっかりと絡む。

また、別添の芳醇香味鶏油を加えることで、鶏のうまみと香りがさらに広がるという。

「大つけ麺博」で、日本全国から集まったつけ麺店24店舗の中からもっとも評価の高かった味が味わえるとのこと。

1パック2食入りで、希望小売価格は343円(税別)。