約200年前の主な離婚理由って? 7万枚以上の書類が公開される 写真:mirror.co.uk

写真拡大

「離婚を前提に結婚しようとする人はいない」とよく言われるが、人生は不確かなことの連続、どう転ぶかなんて誰にもわからない。それは、今から約200年前、イギリスでいうヴィクトリア朝やエドワード朝の時代も同じことだったようで......。

<mirror.co.uk>によると、7万枚以上もの当時の離婚書類がこのほど公開され、その理由が明らかになった。以下はその一部だ。

1869年に離婚を申請したチャールズ・モーダウント準男爵。原因は「妻が複数の男性と関係を持っていたこと」だった。

実業家のヘンリー・ロビンソン氏は妻イザベラの日記を読んでしまい、1858年に三くだり半を突きつけた。そこには「妻と年下の既婚男性との情事」が、こと細かく書かれてあったとか(しかし妻は「作り話よ!」と主張したという)。

ウィリアムとテレサのイェルヴァートン夫妻は2度、秘密裏に結婚。1度はスコットランドで、2度目はアイルランドだった。しかしウィリアムは当時、既にエミリー・フォーブスという別の女性と結婚し、子供までいたことが判明(つまり重婚)。テレサ夫人の訴えは認められ、離婚が成立した。

1876年に男の子を出産したセシリア・ウェストモアさん。だが子供は生後12日でこの世を去る。悲しみにくれる彼女に追い打ちをかけるように、夫トーマスは妊娠中に少なくとも3回、別の女性と関係を持っていた。妻はもちろん夫を訴えた。

最後に1893年に離婚を申請したフランシス・スミスさん。理由は夫の不感症とインポテンツ(!)、またはその他の"欠陥"によるものだったそうで、一連の問題はどんな方法をもってしても治療不能だったとか。哀れすぎる。

当時、離婚申請には高額な費用がかかったためか年に1,200件と、現代の12万件と比べてはるかに少なかったようだ。当時は現代より様々なしがらみもあったことだろうが、相手に愛想を尽かす理由はあまり変わらないようで......。

(参照元: