新潟県小千谷市で宙に舞い上がる「ぼこ」とは?

写真拡大

新潟県小千谷市で、紙で作られた熱気球を飛ばす「ぼこ上げ」が行われる。

開催日時は2月23日(土)16:30〜17:00まで。

会場は小千谷市西中の「おぢや風船一揆平沢会場」。

「ぼこ」とは薄い紙でできた熱気球。

筒状の気球に暖かい空気を入れると、上空に舞い上がる。

昔、蚕を「ぼこさま」と呼んでおり、形状が似ているため、この名がつけられたと言われている。

主催の「おぢや風船一揆実行委員会事務局」では個人、団体、グループなどの参加者を募集している。

先着10組まで参加可能。

申込締め切りは2月8日(金)。

参加条件および規格は以下の通り ・「ぼこ」の規定サイズは、250センチメートル以内 ・制作は、実行委員会が用意した紙とする(竹ひごなどは使用できない) ・ペイントやメッセージは水性塗料のみ使用可能 ・上げた「ぼこ」は、回収不可能な場合や回収に危険が伴う場合を除き、チームで責任を持って回収し、持ち帰ること ・「ぼこ」を飛ばすための熱源は実行委員会で用意する なお、「ぼこ」上げに参加したいが作り方がわからない、という参加者のために2月中旬に「ぼこ作り教室」を開催する予定だ。

詳細は小千谷市を参照のこと。