秩父鉄道、SL「パレオエクスプレス」の運行開始。初日はSL整理券無料

写真拡大

秩父鉄道は、2012年の夏から運休していた「SLパレオエクスプレス」号の運行を、3月20日より運行開始する。

「SLパレオエクスプレス」号は、2012年8月に広瀬川原熊谷工場内で発生したSL機関車の脱線事故に伴い、運転を休止していた。

このほど、蒸気機関車の点検・整備が計画通り順調に進んでいることから運行を開始するとのこと。

2013年の運行は、12月中旬まで土曜・休日を中心に110回を予定している。

3月20日の運行初日はファンに感謝の気持ちをこめ、SL整理券を無料とし、乗車券のみで乗車することができる(全席自由席)。

熊谷駅ホームでは、地元中学校による吹奏楽演奏も実施。

さらにパレオくん&パレナちゃんも登場する。

同日は、SL座席指定券およびSL整理券の販売はないが、事前予約を2月20日より電話または秩父鉄道ホームページで受け付ける。

また、3月23日〜4月7日までの春休み期間中は、自由席車両に限り、小学生のSL整理券は無料となる。

乗車券のみで乗車可能とのこと。

同社では、2013年も2011年より実施している東日本復興支援プロジェクトを継続して行う。

2013年運行分のSL座席指定券およびSL整理券の収益金の一部を、東日本大震災被災者に寄付する。

2012年運行分は、「IPPO IPPO NIPPONプロジェクト」を通じ、SL座席指定券およびSL整理券の収益金の一部を被災地へ寄付したとのこと。

3月23日以降のSL座席指定券(700円)およびSL整理券(500円)は、乗車日の1カ月前から発売開始する。

なお、SL整理券を同社ホームページから予約した場合、オリジナル缶バッジがプレゼントされるとのこと。