サウスポーから繰り出されるサーブと強烈なフォアハンドを武器に、トッププレーヤー入りを果たしたペトラ・クビトバ (C) DPPI/PHOTO KISHIMOT

写真拡大

テニスの四大大会の今季第1戦、全豪オープンが14日から27日まで行われ、女子シングルスはビクトリア・アザレンカが優勝した。

アザレンカは美女大国ベラルーシ出身で、女子テニス界きっての美女プレーヤー。今大会でもプレーのみならずその美貌と抜群のスタイルで観客を唸らせた。
 
さて、今大会では2回戦で敗退となってしまったが、アザレンカに匹敵する2013年注目の美女テニスプレーヤーと言えば、ペトラ・クビトバの名も挙げられる。東欧のチェコ出身のクビドバは、1990年3月8日生まれの22歳。2011年のウィンブルドンでは決勝でマリア・シャラポワを破って優勝を遂げ、一気にその名を世界に轟かせた。

昨年も全豪、全仏でベスト4、ウィンブルドンでベスト8進出と堂々たる成績を残しているクビトバだが、その魅力は、実力のみならず、ため息の出るような美貌にもある。182cmの長身にグラマラスな胸元。今シーズン、最も熱い視線を向けられるテニスプレーヤーの一人といえるだろう。