広島銀行、インターネット専用支店「ひろぎんネット支店」を3月11日に創設

写真拡大

広島銀行は28日、顧客との接点拡大及び顧客の利便性向上を目的として、3月11日にインターネット専用支店「ひろぎんネット支店」を創設すると発表した。

「ひろぎんネット支店」は、従来型の店舗とは別のインターネット上の仮想店舗。

同ネット支店の創設により、仕事などで来店が難しい顧客や、近くに同行の店舗がない顧客でも、24時間来店することなく口座開設ができるほか、手持ちのパソコンやスマートフォンから、振込や投資信託取引などのサービスを利用できる。

取引のメイン(必須)口座インターネット専用口座「Net View(ネットビュー)」(1人1口座のみ)。

「Net View(ネットビュー)」は通帳を発行しないスタイルの口座のため、盗難、紛失の心配がない主な取扱業務総合口座による入出金取引、振込、振替、残高照会定期預金取引外貨預金取引投資信託取引〈ひろぎん〉バリューワン申込個人カードローン申込(一部商品を除く)など今後とも同行では、より多くの顧客により便利に同行を利用してもらえるようサービスの向上に努めていくとしている。