伊予銀行、スマホなどで事前に窓口混雑状況を確認できるWebサービスを開始

写真拡大

伊予銀行は24日、西条地区4カ店の窓口の混雑状況をホームページに表示する「窓口混雑状況Webサービス」を開始した。

このたびのサービス開始により、顧客が同行のホームページで混雑状況を事前に確認できることで、混雑した時間帯を避けることや、近隣の混雑していない営業店を選ぶことができる。

導入支店は、西条支店、大町支店、飯岡支店、喜多川支店の4カ店。

利用できる時間帯は9:00から15:00の窓口営業時間。

今後は西条地区4カ店の利用状況などを踏まえ、他の地区への導入拡大を検討する予定。

なお、ローレルバンクマシンが提供する、番号札を発行して受け付けするシステム「自動窓口受付システム」とSBMグルメソリューションズが提供する携帯電話・スマートフォンからリアルタイムで施設の混雑状況を確認するシステム「EPARK」の連携による「窓口混雑状況Webサービス」は、全国の金融機関で初の取組みになるという。