ウルトラ怪獣が”骨”に!玩具菓子「ウルトラボーン」、第1弾はゴモラなど12種

写真拡大

バンダイは、玩具菓子の新商品「ウルトラボーン」を、2月4日より全国のスーパー、量販店、コンビニエンスストアの菓子売場などで発売する。

同商品は、ウルトラマンシリーズに登場する人気の怪獣たちを「骨=ボーン」にして再現した玩具菓子。

骨のパーツのジョイント部分は全商品共通なため、種類や色の違う「ウルトラボーン」を組み替えると、オリジナルのウルトラ怪獣を作ることができる。

怪獣の種類は、バルタン星人、ゴモラ、アントラー、グビラ、ツインテール、バードンの6種。

それぞれ2色(ノーマル、ブラック)の全12種で展開する。

本体1個とガム付で、価格は210円。

また、2月末にはカプセル玩具「ウルトラボーン ガシャポンエディション」(1カプセル1個入り1回200円)も発売する。

ゼットン、エレキング、メトロン星人、カネゴン、ガンQ、恐竜戦車といった6種の怪獣を玩具菓子との共通仕様で展開し、組み替え遊びが楽しめるという。