<ファーマーズ・インシュランス・オープン 最終ラウンド◇28日◇トリーパインズGC・南コース(7,624ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」は月曜日に持ち越した競技の続きを実施。11ホールを残し6打差をつけていたタイガー・ウッズ(米国)がトータル14アンダーで逃げ切り、今季米ツアー初戦で早くも勝利を挙げた。
タイガー・ウッズの最新スイング動画
 ウッズはこれでツアー通算75勝目をマーク。サム・スニードの持つ歴代最多優勝記録82勝にまた一歩近づくと共に、「アーノルド・パーマー招待」、「WGC-ブリヂストン招待」に続く同一大会7勝の偉業を達成した。
 初日こそ4アンダーの20位タイだったが、2日目に抜け出すとそこからは後続に影も踏ませなかった。この地で過去8度の優勝経験のある“トリーパインズの主”は、おなじみの赤いシャツに身を包んで登場。終盤はティショットのミスから14番、15番、17番と立て続けにスコアを落としたものの、大きな貯金に守られて余裕の逃げ切り優勝。最終18番パー5を3オン2パットのパーでまとめると、両手を挙げて喜びを表現した。
 表彰式ではトロフィと共に、この大会でおなじみとなっているウィナーズサーフボードを贈られ満面の笑みを浮かべたウッズ。「勝つことが出来てうれしい。特別な月曜日になりました。ありがとう」と平日にも関わらず詰め掛けた大ギャラリーに向けてコメントした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
注目ギア続々登場!最新のギア情報はここから