トロっとして甘辛い! B1グランプリで話題の山梨県「甲府鳥もつ煮」とは?

写真拡大

山梨県で話題のB級グルメ「甲府鳥もつ煮」。

2010年のB-1グランプリで、応援団体「みなさまの縁をとりもつ隊」がゴールドグランプリに輝き、今や甲府の新しい名物になりつつあるという。

今回は2013年こそ食べたいローカルフード、「甲府鳥もつ煮」を紹介しよう。

甲府鳥もつ煮は、砂肝、ハツ、レバー、きんかんなどの鳥もつと濃厚なタレを合わせた煮物。

もつ煮というと長時間煮込んだものが一般的だが、甲府鳥もつ煮は、少量のたれを使って短時間で照り焼きにしているのが特徴だ。

その始まりは昭和25年(1950)。

食べる習慣がなく捨てられるもつを見た市内のおそば屋さん「奥藤本店」の店主が、「みんなが安く食べられるものはできないのか」と言ったのをきっかけだったという。

試行錯誤しながら、もつ煮のアクを取っていたところ、偶然、汁があめのようにトロリとなったことから、「これならおいしそう」と甘辛く煮込んだ甲府独特のもつ煮を作りだしたのだ。

その味は、分かりやすくいうとうなぎのかば焼きのよう。

甘辛いタレと歯ごたえのあるもつの相性が抜群だ。

「これはビールにピッタリだ」と思ったのだが、甲府では独特の食べ方があるという。

それは、そばの前菜として食べるという方法だ。

もともとおそば屋さんが作り始めたということで、そばを待つ間に食べるのが一般的だったそうなのだ。

そばの前にもつ煮とは、なんとも乙な光景だ。

しかし、甲府の人たちにとってはこれが当たり前。

県外のおそば屋さんに入って、もつ煮がないと「なんでないの?」と不思議に思ってしまうらしい。

この鳥もつ煮、元祖の味を試してみたいという方には、発祥店の奥藤本店がおすすめだ。

味はもちろん作り方にも注目! 強火で素早く調理するため、小さな鍋をペンチでつかんで調理する独特の方法をとっている。

一番人気は、そばともつ煮のセット。

本場の味が体感できる。

ちょっぴり大人っぽい食べ物なので、年配者を中心に食べられているのかと思いきや、子どもたちや若者も大好きだという。

新鮮なもつが手に入ったら手作りする家庭も多く、甲府のおふくろの味でもあるそうだ。

味付けはしょうゆと砂糖だが、地元では「甲府鳥もつ煮のタレ」が市販されているので、自分で作りたいときはこのタレを活用してもいいだろう。

甲府鳥もつ煮は、最近では全国的に知られる存在になっている。

2010年の第5回B-1グランプリで、甲府鳥もつ煮を応援するまちおこし団体「みなさまの縁をとりもつ隊」がゴールドグランプリに輝いたからだ。

甲府鳥もつ煮への熱い思いと地元を愛する心を大切に、今日も甲府鳥もつ煮でつながる縁を拡大中だ。

地元では、B-1グランプリ受賞によって「甲府の誇りがまたひとつ増えた」と大盛りあがりだという。

特に若い人たちは、「鳥もつ煮を全国に広めて、町を活性化したい」と意気込んでいる。

山梨県を代表するグルメになりそうな「甲府鳥もつ煮」。

地元の人たちの「おいしい料理を提供したい」「おいしい料理を広めたい」という思いが重なり合い、今そのおいしさが全国にじわじわと伝わっている。

●informationテンヨ武田