TIM レッド吉田さん。5人の子どもを持ち、不安定な芸人稼業への不安からアパート経営を目指すことを決意した。2011年に晴れて新築アパート8室のオーナーとなった。

写真拡大

新米大家のTIM・レッド吉田さんが、全国の先輩大家さんから「不動産投資で成功するための極意」を学ぶ新連載がスタート! 初回の対談相手はU23ラグビー日本代表で都内の大学でラグビーコーチを務めながら、沖縄移住を果たした「ラグビー大家」こと福永昇三さん。その4回目。

[参考記事]
●「『金持ち父さん』を読んで、外車の代わりに不動産を買った!」vs ラクビー大家・福永昇三さん(1)
●「アパート経営のおかげで沖縄移住が実現! でも家賃が安い物件はトラブルも多い…」vsラクビー大家さん・福永昇三さん(2
●「お金儲け」を汚いというのは日本人だけ!有吉君に「汚れ芸人」と言われても大家業に励みます! vs ラクビー大家こと 福永昇三さん(その3)


●“大家芸人”を襲名!? 芸人がアパート経営を始めたら…(TIMレッド吉田さん)
●元U23日本代表 ラグビー大家さんが提言「スポーツ選手こそ資産運用を考えよう!」(ラグビー大家こと 福永昇三さん)

いくら人気立地でも1坪250万円は高すぎ!?

レッド吉田さん(以下:レッド) 福永さんは東京に物件を買う予定はないんですか?

福永昇三さん(以下:福永) 以前、世田谷に賃貸併用住宅が欲しいと思って土地を探したんですが、とにかく値段が高かった。いくら人気立地でも、一坪250万円は高すぎでしょう。それで結局は、買いませんでした。今は沖縄に物件を欲しいですね。

レッド 沖縄の不動産か、いいですね〜。僕は自宅もアパートも土地の高い東京に買っちゃいましたからね、もうカツカツですよ(涙)。そういえば、芸能界でもみのもんたさんは湘南に住んでいますし、東京で働きながら地方暮らしのような生活をされている方って意外と多いような気がします。

福永 有名なのは大橋巨泉さんですよね。僕は10数年前に巨泉さんが出版した『人生の選択』という本にすごく影響を受けています。巨泉さんは現役時代、熱海に家があって、東京には仕事のたびに通っていたそうです。そして、セミリタイヤ後はオーストラリアとカナダと日本を行き来しながら、ときどき働く生活を送っています。自分もこんな風になりたいって思いましたね。

レッド 沖縄に行くのに、奥さんやお子さんは反対しませんでしたか?

福永 反対どころか、大喜びです。娘が二人いるんですけど、「沖縄サイコー」って言っています。なぜこの時期に移住したのかとよく聞かれますが、子供たちがまだ小学校に上がる前なので、今しかないというタイミングでした。妻も、「なんくるないさ〜」というスタンスでした。

レッド 理解ある奥さんですね〜。実際に住んでみてどうですか?

福永 すごく快適です。それと、二つの拠点を移動するときに、頭の中がパッと切り替わって、いいアイディアが湧きやすくなるんです。それは予想外のメリットでしたね。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)