クロエ初スキンケアライン発表 4月に世界先行発売

写真拡大

  「Chloé(クロエ)」が1月28日、スキンケアライン「Chloé Crème de la Rose(クロエ クレーム ドゥ ラ ローズ)」を発表した。フレグランスが好調な日本に向けて開発されたというスキンケアラインには、南フランスのグラース地方で収穫される貴重なセンティフォリアローズを使用。4月17日に伊勢丹新宿店と阪急うめだ本店、クロエ フレグランス公式ECサイトで世界に先駆けて先行発売される。

クロエからスキンケアラインデビューの画像を拡大

 「Chloé Crème de la Rose」は、香りと花の生命力、ラグジュアリーなコスメティックの要素を併せ持つ、「Chloé」だけのスキンケアが作れないかという思いから誕生。センティフォリアローズは、グラースで5月の1ヶ月間にのみ収穫される貴重なローズで、その花びらから抽出されるエッセンスが全てのアイテムに配合されている。デビューアイテムとして、次のステップに向けて肌を整えるクロエ クレーム ドゥ ラ ローズ ローズローション、うるおいを角質層深くに浸透させ、豊かなハリを与える、ユニークなテクスチャーのクロエ クレーム ドゥ ラ ローズ ローズオイル(美容液)に加えて、肌のニーズに合わせて選べるクリームとエマルジョンの全4種を発表。現在開発中の新作を含め、今後ラインアップを充実させるという。

 国内では「Chloé」のフレグランスの人気が高く、2011年8月に発売されたパフュームネックレス「SHIRLEY」は発売からわずか30分で売り切れたという。フレグランスを手がけるコティ社は、スキンケアにおいて66年の歴史を持ち、750件の国際特許を取得している。コティ・プレステージ・ジャパンのジェネラル マネージャー フランソワ ソーレルは発表会で、「Chloé Crème de la Roseは日本女性に向けた製品。まずは日本で紹介したい」と強調。開発には国内で活躍するビューティージャーナリストも加わったという。「Chloé Crème de la Rose」は国内での展開を経て、2013年秋頃に海外での発売が予定されている。

■Chloé Crème de la Rose
クロエ クレーム ドゥ ラ ローズ ローズローション      200ml 6,300円(本体価格 6,000円)
クロエ クレーム ドゥ ラ ローズ ローズオイル(美容液) 30ml 15,750円(本体価格 15,000円)
クロエ クレーム ドゥ ラ ローズ ローズエマルジョン     50ml 12,600円(本体価格 12,000円)
クロエ クレーム ドゥ ラ ローズ ローズクリーム       50ml 14,700円(本体価格 14,000円)