今年のプロ野球オールスター第3戦はいわきで開催される。

写真拡大

■発音はエイ・エヌ・エイ

横山遙香さんは福島県立富岡高校2年生。現在はフランスの姉妹校に短期留学中。将来は英語を使った職に就きたいと思っている。取材時の志望はキャビンアテンダント(CA)。さて、どのような進路を考えていますか。

「日本外国語専門学校のエアライン科に行って、そこでキャビンアテンダントを専攻したいなって考えてます。入れるとは思うんですけど、そのあとはちょっと厳しいかもしれないな、みたいなかんじはしました」

2カ月後に横山さんからもらったメールには、「とりあえず大学で英語を勉強したいんです」と書いてあり、担任の先生から薦められたという首都圏にある2つの私大の名があった。繰り返し書くが、高校生は数カ月でいくらでも変化する。ここでは2カ月前の取材で聞いた話を一旦再現する。日本外国語専門学校は、1970(昭和45)年に日本最初の通訳養成専門校として開校した専門学校。2012(平成24)年度の就職内定実績を見ると、「ANA CA 7名、JAL CA 10名、JALエクスプレスCA 13名、ソラシドエア CA 4名……」と列記されている。横山さんは、どの航空会社のキャビンアテンダントになりたいですか。

「ANAです」

先ほどもそうだったが、横山さんは「ANA」を「アナ」ではなく、正しく「エイ・エヌ・エイ」と発音する。連載取材をしていて覚えたことは、職業意識の芽生えというものは、こういう細かなところで確認できるということだ。さて横山さん、キャビンアテンダントの仕事に就くことができたとき、どこに住んでいますか。

「羽田で勤めたいので、東京とかそこらへんで。いわきを出ること? それは構わないです。親も、高校卒業したら、とりあえず自分の将来の夢に向かって頑張ってくれれば、どこへ行ってもいいっていうかんじです」

東北の高校生には、上京した際にサポートしてくれる首都圏在住の親戚が多い——という事実がこちらの頭にあるので、こう訊いてみた。横山さんも首都圏に親戚が多いですか。

「今回の震災で関東に行った人多いから、震災のあと、増えたかんじです」

横山さんは浪江町立浪江東中学校を卒業したときに富岡高に合格していたが、高校入学直前に震災が起き、原発事故が起きた。富岡高は福島第一原子力発電所から直線距離で約10キロ。通うはずだった校舎は警戒区域の中にある。震災後、親御さんは浪江に一旦帰ったことがあると聞き、こう訊いてみる。どうしても要るものだけは持って来たりはできたんですか。

「もう、家自体ないんで。とりあえず、見に行くだけ」

自宅は津波で全流出した。震災後、一家で宮城県の大崎市に避難した横山さんは、一旦は宮城県岩出山高校に入学し、2年生の4月から富岡高に転校した。父は宮城で働き、中2の妹と小5の弟は、宮城県の学校に通っている。ひとりで浜通りに戻ってきた横山さんが今、通っているのは、いわき市内にあるいわき明星大学に置かれた富岡高のサテライトキャンパスだ。今、同校は、いわき明星大学に加えて、中通りの福島北高、会津の猪苗代高、そしてJFAアカデミー福島の生徒たちが通う静岡の三島長陵高と、4つのサテライト校に分かれている。

最後に坂本さんに訊いたのと同じ質問を横山さんにも投げてみる。横山さん、お墓はどこがいいですか。

「地元が浪江なんで、もう入れないですけど、でも、そこがいいです」

■志望理由書のことば

いわき市編の最後に登場するのは、唯一の3年生、福島県立湯本高校普通科の阪田健太郎(さかた・けんたろう)さんだ。阪田さんには昨10月の取材のあと、もう一度、今年の1月に会いに行った。彼が Facebook 上で書いていたことばがどうしても気になったからだ。彼はこう書いていた。

《俺が住んでるのは被災地じゃねえ、四倉だ!》

いわき駅から下り常磐線で2駅目、夜の四ッ倉駅前で阪田さんは待っていてくれた。「健太郎は人が良すぎるから」と笑顔で心配してくれるおっちゃんが営む馴染みの焼き鳥屋へと連れて行ってもらう。道すがら、阪田さんに、あの発言の意図を聞いた。

「テレビで偉い人が被災地、被災地って言ってるの聞いて、なんか違う! と思ったんですよ」

これからそのことに触れていくことになるが、阪田さんは地元四倉を心底愛している。まずは阪田さんに、将来何屋になりたいかを訊こう。

「俺はあれです、大学を出てNPO法人とか、任意団体とか、社会貢献をする第三セクターっていうんですかね、高校生が中心の、若者を使った復興の団体みたいのをつくりたいなっていうのを、すごい思ってて」

入る、のではなく、つくる。

「つくる。大学の推薦入学の志望理由書に書いたのを、今、そのとおりに言っちゃってるんですけど(笑)」

なるほど、焼き鳥屋のおっちゃんが「人が良すぎる」と心配し、「TOMODACHI〜」のいわきの仲間たちから信頼を得ている、裏表のない高校生のことばだ。しかし阪田さん、大学を出なくても、そういう団体をつくることはできるのでは。

「その団体で具体的な事業をやるには、いろんな学問をちゃんと認識していったりとか、問題解決の実践知だったりとかがすごい必要だと思うんで。ふつうに受け身の授業とかでわかる力じゃなくて、その実践で身について来る力っていうのがほしいんですよ。『TOMODACHI〜』でもすごいあったんですけど。それを大学で学べるところがあったんで、それを学びたいんです。たしかに、高校出たら即就職っていうのも、ちょっと考えてたりはするんですけど」

「TOMODACHI〜」のプログラムにあって、学校での「ふつうの受け身の授業」ではやったことのないもの。たとえばどういうものでしたか。

「みんなでアイデアを出し合って、何かひとつのことをやろうって考えて、最後にプレゼンテーションをする。初めての経験でした。こんなに楽しいものなのかと思いましたね」

阪田さんは「TOMODACHI〜」以外の場でも、「こんなに楽しいものなのか」と思う体験をしている。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)