『月山・鳥海山』

第148回芥川賞は史上最高齢の75歳の黒田夏子に決まった。その作品『abさんご』は横書きでひらがなを多用し、固有名詞やカタカナを使わないという「超実験小説」。史上最高齢とはいえ、若々しい挑戦に満ちた作品だ。芥川賞はこれまでも社会に衝撃を与え、様々な話題を提供してきた。過去の作品を振り返ってみると――。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http://www.j-cast.com/mono/bookwatch/)でも特集記事を公開中。

雪深い山村の幻想的な世界

『月山・鳥海山』

今回、黒田夏子が受賞するまでの芥川賞の最年長記録は第70回(1973年下半期)の森敦の61歳だった。芥川賞は作家の登竜門といわれ新人作家に与えられる賞なので、「還暦を過ぎた新人作家」と話題になった。だが、森は若くして文壇にデビューし、その後は作品を発表しないものの、太宰治、檀一雄、中原中也らとの交遊や、日本各地を放浪するなどの体験を通して文学的修養を積んだ老大家だった。受賞後はラジオやテレビにも出演、前髪を垂らした髪型で紫煙をくゆらす姿は人生の達人の趣があり、多くのファンを得た。

受賞作『月山』は文藝春秋の文春文庫『月山・鳥海山』(著・森敦、610円)に収められている。出羽の霊山・月山のふもとの雪深い山村の人々の営みを描いた味わい深い作品である。

若者の過激な生態を大胆に

『蛇にピアス』

芥川賞の最年少記録は19歳。第130回(2003年下半期)の早大生、綿矢りさ。この時、同時受賞した金原ひとみも20歳だった。ともにこれまでの記録を塗り替え、若い女性だったこともあり、テレビや雑誌で取り上げられ社会現象になった。綿矢の作品『蹴りたい背中』が思春期の女子高校生の内面を描いた青春小説だったのに対し、金原の『蛇にピアス』(集英社文庫、400円)はピアスや刺青を題材に若者の過激な生態を大胆な筆致で捉えた作品だったことから、強烈な反響を呼んだ。

社会に衝撃を与えたといえば第34回(1955年下半期)の石原慎太郎の『太陽の季節』だが、選考委員だった石原は『蛇にピアス』について「浅薄な表現衝動としか感じられない」などと評しながら、記者会見では2作いずれかを選ぶなら『蛇にピアス』と述べていた。

父の死に取り組む作者の分身

『水死』

ノーベル賞作家の大江健三郎が第39回芥川賞(1958年)を受賞したのは東大在学中の23歳の時だった。受賞作『飼育』は終戦末期に山村に墜落した飛行機に乗っていた黒人と少年との交流を描いた作品だが、その前に発表した『死者の奢り』も候補作にあげられており、作家としての才能は受賞前から高く評価されていた。ちなみに第38回の受賞は開高健の『裸の王様』。

講談社からの『水死』(著・大江健三郎、文庫・880円)は、『飼育』から半世紀を経た2009年に2年ぶりに発表された長編小説で、このほど文庫化された。終戦の夏に川で水死した父のことを小説に書こうとする作者の分身である老作家の物語だ。現代に生きる作家として様々な問題作を投げかけてきた著者が、この作品によって問いかけたものは――。