バレンタインに! チョコでできた食べられるグラス&チョコビール発売

写真拡大

神奈川県厚木市の地ビールメーカー、サンクトガーレンは、2月1日よりチョコレート風味のビール「インペリアルチョコレートスタウト」と、食べられるチョコレート製グラスのセットを500セット限定で発売する。

チョコビール「インペリアルチョコレートスタウト」は、高温焙煎(ばいせん)した“チョコレート麦芽” というビールの原料でチョコ風味を引き出したもの。

全ての原料を通常の黒ビールの2.5倍以上使用したという。

また、ワインのように2年間の長期熟成も可能。

330mlで価格は630円。

また、チョコビールは、本物のチョコレートとの相性も抜群ということから、ビールを注いで飲んで食べられる「チョコレートグラス」を開発。

パティシエ柳正司氏によるオリジナル作品で、ビールと相性の良いカカオを厳選し一個一個手作りで仕上げている。

チョコビールとチョコレートグラスのセットを、2月1日12時よりサンクトガーレンネットショップ、また、2月6日からは高島屋(日本橋・新宿・玉川・横浜・大阪・柏・高崎)でそれぞれ250セット販売する。

価格はサンクトガーレンネットショップで購入した場合2,800円(送料込)、タカシマヤ店頭では2,310円。