イオン拠点・幕張にフラッグシップモール 12月開業へ

写真拡大

 イオンモールが千葉・幕張に計画中の広域対応型ショッピングモール「イオンモール幕張新都心」の施設概要が発表された。様々なコンテンツを凝縮した旗艦店として、「大人のためのライフスタイルモール」や「スパ&ビューティーゾーン」などAからEまで5つの棟に約350店舗を出店予定。開業は12月が予定されている。

イオンモールの旗艦店が幕張にの画像を拡大

 幕張メッセやスタジアムのほか「コストコ」が並ぶ豊砂地区に開業予定の「イオンモール幕張新都心」は、イオングループ各社が本拠地とする千葉市に初出店する大型ショッピングモール。コンセプト「"夢中"が生まれる場所。」を発信し、イオンの総力を結集したフラッグシップモールとして運営される。

 約192,000平方メートルの敷地内はターゲットごとに5つの棟で構成され、立体駐車場を含めた延床面積は約42,000平方メートル。売場の各ゾーンはライフスタイルごとに分けられ、高感度ファッションとライフスタイルショップが集結したゾーンのほか、アニメからファッションに至るまで"クールジャパン"を集積したゾーンや自転車に関する事柄すべてを提案するゾーンなど「ライフスタイルを基軸にテナントを構成していく」(イオンモール・広報担当者)という。

■イオンモール幕張新都心 概要 ※2013年12月オープン予定
 住所:千葉県千葉市美浜区豊砂1-13他

■建物構成
 A棟:大人のためのライフスタイルモール(店舗3階建て ※一部4階建て)
 B棟:ペットのためのライフスタイルモール(店舗3階建て)
 C棟:スパ&ビューティーゾーン(店舗3階建て)
 D棟:キッズ・ファミリーのためのライフスタイルモール(店舗3階建て)
 E棟:スポーツのためのライフスタイルモール(店舗3階建て)