カーシェア利用後にマイカーを買いたくなる理由

写真拡大

カーシェアリング・ジャパンは、2012年11月2日〜11日にかけて「マイカーからカーシェアへの切り替え理由およびマイカーの購入意欲」についてアンケートを実施した。

有効回答数は1,126件。

まず、マイカーからカーシェアへの切り替えを考えた理由について尋ねたところ、「駐車場代が高い(60.0%)」、「利用機会が少ない(36.2%)」が上位を占めた。

現在までマイカーを所有していたことがある割合は全体の68.1%で、カーシェア入会前に手放すケースが多いようだ。

入会時にマイカーを所有していた人は約18%にとどまっている。

次に、マイカーの購入意欲について聞くと、カーシェア入会前の18.4%と比較し、入会後は31.7%と大きく増加していることがわかった。

カーシェアで車を身近に利用することで、マイカー購入意欲が刺激されると考えられる。

理由としては「自分の好きなクルマに乗れるから」が約半数と最も多かった。

その次に「マイカーの方が気をつかわなくて済むから」が続いている。

一方「マイカーを購入する予定はない」と答えた理由では、「駐車場代が高い」が特に多く68.3%。

2位は「カーシェアの方が経済的」。

駐車場代の高さに加え、車両代、保険料、税金が高いとの回答が3割強で、経済的な側面でマイカー購入意欲が下がっていることが見て取れた。