マネーのトリビア (40) 「貯金」って、一体いくら貯めたらいいものなの?

写真拡大

生きていくうえで貯金が必要であることは誰もが理解しているはず。

でも、実際にいくら貯めたらいいのか、あるいは、毎月いくら貯金すればいいのか、よくわからないという人も多いでしょう。

そもそも、なんのために貯金するのでしょうか。

貯金の目的は2つあります。

1つは、急にお金が必要になったときに備えるため。

人生には病気やケガ、事故や自然災害など、いろいろなことが起こります。

そんなとき、すぐに使えるお金がないと困ります。

もう1つは、将来の夢や目標をかなえるため。

資格を取る、留学する、起業する、結婚する、マイホームを買うなど、人生にはまとまったお金が必要なイベントがいくつもあります。

その資金を一度に用意するのは難しいので、貯金して少しずつ準備するわけです。

2つのうち優先すべきは、第1の目的のほう。

何かあったときに備えるための貯金です。

金額の目安は、手取り月収の3カ月分。

それだけあれば、何かあっても当座はしのげるし、収入が途絶えても3カ月は生きていけるということになります。

月収の10%を毎月貯金すれば2年5カ月、15%なら1年7カ月で貯まります。

それが確保できたら、第2の目的のための貯金を始めましょう。

こちらは、お金が必要なイベントがいつあって、いくら必要なのかを見積もり、毎月いくら貯めればいいのかを逆算します。

例えば、3年後に80万円必要だとすれば、80万円÷3年÷12カ月≒2.222となり、毎月2万2000円ずつ積み立てていけばよいことがわかります。

もし、毎月の貯金やボーナスを使ってもこの金額を準備するのが難しければ、目標額を下げるか、イベントの時期を遅らせます。

当面、お金が必要なイベントがないという人は、100万円を目標にしてはどうでしょうか。

それだけ貯められれば貯蓄体質が身についているはずなので、次のステップへも進みやすいでしょう。

貯金というと、ほとんどの人は毎月の収入からお金を使って、残ったら貯金しようとするのですが、それでは計画的に貯めることはできません。

着実に貯めるには、「先取り貯金」が大切。

収入からまず貯金をして、残りを支出するのです。

さらに、それを自動的に行えるようにします。

もし勤務先で財形貯蓄が利用できるならぜひ使いましょう。

給与天引き貯蓄なので、貯蓄された分は”なかったもの”として貯まっていきます。

銀行の自動積立定期預金でもかまいません。

給与が振り込まれる口座から、毎月決まった額が引き落とされ、定期預金として積み立てられていきます。

引き落とし日を給料日の翌日にしておけば、天引きに近い形で貯められます。

どちらの場合も、毎月の貯金額はムリのない範囲にしておくことがポイント。

そうでないと途中で挫折してしまいます。

最初は少なめの金額からスタートして、少しずつ金額をアップしていくのがお勧めです。