東京スカイツリーの後は昭和なひとときを。東京都墨田区の古民家カフェ3選

写真拡大

依然、人気観光地トップに君臨する東京スカイツリー。

でも、まだまだ周辺の街まで楽しむ人は少ない。

下町人情残る街には、東京スカイツリーオープン前から愛されてきた店も多い。

そんな街を散策しながら、古い家屋を利用した古民家カフェでひと休みしてみない?浅草、押上、曳舟、向島……。

東京スカイツリーのお膝元は、人情の街・下町。

昔ながらの庶民の暮らしを支える代々続いた老舗店、職人の技が光る店、下町を愛してやまない若い世代向けのこだわりの洋品店や雑貨店、和小物をそろえた店などが並び、ぶらぶらと歩いて巡るのにうってつけだ。

地元押上の川沿いの小さな路地や、お隣浅草の雷門、仲見世などからふと見上げれば、東京スカイツリーが見えるのも楽しい。

せっかくスカイツリーまで足を運んだなら、周辺まで歩かないと損だ。

そして、下町散策の休憩におすすめなのが、古い家屋を利用した古民家カフェ。

再開発が進んでしまった東京の他の街に比べ、下町には古くから残る木造家屋が今でも多数残る。

散策することで、そうした木造家屋をリノベーションした心和むスポットに出合えるのも、大きな魅力なのだ。

モダンな東京スカイツリーでたっぷり遊んだ後に、古民家を訪れほのぼの気分で昭和へ時間旅行する。

そんな1日を楽しむのにうってつけのカフェを紹介しよう!東京スカイツリーから歩いて10分ほど。

築60年の長屋を改装したのが「長屋茶房・天真庵」だ。

のれんをくぐりつつ引き戸を開ければ、居酒屋から譲り受けたというヒノキの立派なカウンター席と、しっくり落ち着くテーブル席が待っている。

世界中から厳選したという、香り高い自家焙煎(ばいせん)のコーヒーを、石臼自家びきそばとあわせていただける。

そばは、のどごし、歯ごたえともに申し分なく、そば通をもうならせる。

他にも、そばっこ雑炊やそばっこくれーぷなど、そばを使った各種メニューをそろえ、それらは特に女性から人気が高い。

料理に使う器やコーヒーを入れる際に使う道具などもにも味わいがある。

良いものを長く愛して使いたいという、店主の思いが伝わってくるようだ。

若い女性たちやカップルが楽しそうに談笑する傍ら、カウンターでは“往年の文学青年”とでも表現したくなる、雰囲気のあるご老人が静かに読書しながらコーヒーを嗜(たしな)んでいる。

その様子を眺めているだけでも、まるでここだけが時間が止まったような感覚に陥ってしまうのだ。

店内では頻繁に長屋LIVEが行われているというし、2階の座敷はギャラリーとして貸し出されることもあるというから、イベントをチェックして赴くのも楽しそうだ。

この天真庵のすぐ近くにあるのが、古い木造アパートを改装した「Spice Cafe(スパイス・カフェ)」。

カレーの名店として知る人ぞ知るスポットとなっている。

世界各国で料理修行をしたオーナーの作るカレーは、インド風のオリジナル。

ランチセットは野菜カレーにサラダ、ライス、キャラメルムース、アイスティーまでついた充実ぶり。

とてもヘルシーで美容にも良さそうだ。

夜はカレーのセットやコースがある他、お酒も各種用意され、思い思いの時が過ごせる。

自家製スイーツも評判がいい。

また、木のぬくもりがあるインテリアでまとめられているため、女性ひとりでも寄りたくなる空間なのだ。

と、温かな雰囲気いっぱいの店内だが、なんと左官仕事やタイル貼り、テーブル造りまで自分たちで行ったのだとか。

少し歩いて向島まで足を伸ばし、隅田川方面に歩いてみれば、なんともノスタルジックな商店街、「鳩の街通り商店街」に出合える。

その前身は昭和3年(1928)に設立された寺島商栄会であり、約80年の歴史を誇っている。