好きな男性に「一緒にいたい!」と思われる女子のための会話術

写真拡大

好きな男性に話しかけたいけれどうまくいかない、話しかけても反応が悪いような気がする……。

そんな悩みをもっている女性がまず意識すべきなのは「笑顔」です。

ガチガチに緊張した顔ではなく、あくまでにこやかに話しかけてきてくれる女の子は好感度が高いもの。

ツンとしている美人もすてきですが、「付き合うならいつもニコニコしている女性の方が一緒にいて楽しそう」という気持ちになる男性も多いはず。

■男性と話したいのならば、受け身ではなく自分から話しかけてみて気になる男性の前で話しかけてもらうのも待つよりも、まずは自分から話しかけてみましょう。

この時にはあくまで聞き役に徹して、男性が自分から話したいだろう話題、好きな話題などをふってあげることが大切です。

この時、自分の話をしすぎないことも重要。

おしゃべりで話し上手な女性といるのは男性も楽しいものですが、あまりにペラペラと自分のことをしゃべる女性は「付き合うと大変そう」と思われてしまいがちです。

■前の彼氏の話題を出すのは避けましょうちなみに、好きな男性の前で話すのはNGとされている話題はたくさんあります。

例えば、前の恋人の話題です。

「前の彼氏には暴力を振るわれていてつらかった」「元彼はケチだった」というマイナスの話題ももちろん、「前の彼氏はイケメンで、お金持ちで、なんでもおごってくれた」といった自慢話も避けるべきでしょう。

女性でも、気になる男性から前の彼女の話をいちいち持ち出されたらイラッとしてしまうもの。

男性においても、その恋愛心理は同じです。

しかし、基本的には元彼の話は避けるべきですが、恋愛相談は別です。

「今の彼氏のことで悩んでいて」というだけではパンチが弱いですが、「あなたの存在が、彼氏との関係を危うくしている」ということをチラチラ伝えてみると、男性も彼氏持ちなのに女性のことを自然と意識してしまうようです。

とはいえこれは高等テクニックですから、下手をすると「誰にでも好意を見せる女」扱いされてしまうかもしれません。

注意が必要です。

■男性には柔らかい口調で話しかけようどんな人でも褒められたり、ねぎらわれたりするのが好きなもの。

こまめに仕事のやり方や取り組み方を褒めてあげたり、大きいプロジェクトが終わったら「お疲れさま!」「○○くん、すっごい頑張ってたね!」などと声をかけてあげるのは大切です。

このような声かけには、マイナス評価を招くような要素がひとつもありません。

褒めれば褒めるだけ、あなたの好感度もアップするでしょう。

反対に、攻撃的な口調は絶対にやめましょう。

いくら彼の考え方や価値観が自分と合わなくても、「どうしてそんなことを考えるの!?」「その考えは違うと思う」と攻撃していては、女性として意識してもらうことはなくなるでしょう。

また、20代を過ぎたらギャル口調はやめたほうがいいでしょう。

ご飯をおごっている時に「マジうめぇ」、相手をけなすときに「バカじゃね?」などという態度は、とても友人や家族に紹介できるものではありません。

同じように、自分のことを名前で呼ぶのも大人になったらやめたほうがいいでしょう。

自分のことを名前で呼んだり、ちゃん付けしたりするような女性は、男性からしてみてもブリっ子に見えてしまいます。

2人っきりの時ならまだしも、周りに友人がいるときでもこのような態度をとってくるようであれば、男性があなたに好意を持っていたとしても、あっという間に冷めてしまうでしょう。