●そんなことになったら勇者に噛みついてやる!

(画像:「まおゆう魔王勇者」公式Webサイトより)
©2013 Touno Mamare/PUBLISHED BY ENTERBRAIN,INC./Projectまおゆう

TVアニメ「まおゆう魔王勇者」がTOKYOMXテレビその他で放送されています。

●キャスト
魔王:小清水亜美
勇者:福山潤
メイド長:斎藤千和
メイド姉:戸松遥
メイド妹:東山奈央
女騎士:沢城みゆき
執事:銀河万丈
女魔法使い:福圓美里
商人子弟:寺島拓篤
貴族子弟:梶裕貴
軍人子弟:鈴木達央
冬寂王:平川大輔
青年商人:神谷浩史

●ストーリー
人間と魔族が長く戦争を続けている世界。強大な力を持つ「勇者」は、魔王を倒して人間世界を救うべく魔王の城に乗り込んだ。だがそこで彼を待っていたのは、人間の女性そっくりの「魔王」であり、しかも彼女は勇者と戦おうとはせず、勇者に自分のものとなるよう契約を求めてきた。戦おうとする勇者に、魔王は冷静に人魔間の状況を語り、現在の社会秩序が戦争に依存しており、魔王を倒しても根本的解決にならないことを説く。彼女の願いが終戦による破局でも戦争の引き伸ばしでもない、新たな可能性であること、そのために勇者の協力を求めていることを理解した勇者は、彼女の契約を受け入れる。そしてふたりは勇者と魔王という身分を隠し、一介の剣士と学者として世界の改革に着手した。
●魔王、ドレスアップ!
この度、遠方から商人が来訪するということで商談をするためかなり着飾った魔王。もっともこれはメイド長の陰謀とも言うべきでしょうか…。

また、修道院長もやってきたのですが勇者不在と判ると少々荒れ気味。しかしながら、暫くすると女騎士としての勘も戻り村人に対し剣術の鍛錬を指導する事になります。
●玉蜀黍
魔王が商人に対して提示した物は「玉蜀黍」。玉蜀黍は水が少なくても良く育ち、気温が高い土地の方がより育つわけです。

商人は玉蜀黍を手に入れて独自に商売を進めようとするも、魔王の目的は農作物の栽培拡大の先にある世界平和。それが商人には見えていないようですが…。

魔王の見えている世界、魔王は契約によって商人を動かす、しそれは商人の行動理念とも合致し、魔王を信じる事になります。
●魔王の絆
魔王にとって2番目に強い絆は損得勘定、それでは1番目は…。

魔王「愛情だ!」

これを聞いた商人は魔王に求婚し、手袋越しに口づけをします。

これには魔王もごく普通の女性と変わらず、かなりの照れがあるようです。
●勇者、帰ってくるも…
魔王は同盟国から送付されてきた請求書や納品書の山の決裁にうんざり。そういえば魔王は勇者と半年ほど出会っていません。メイド長の話では勇者は諸国の姫や女王から求婚されたりされなかったりとか…。

魔王「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」

※魔王は駄々っ子のように荒れ気味です。

メイド長は把握していますが、実は勇者は転移呪文によって遠方から魔王のすむ屋敷へ戻る方法があるため、1週間に1度くらいは戻ってこれるようです。

なぜ勇者は魔王に会わないのでしょうか?それは勇者から見て魔王は1人で何でも出来るから。だからこそ勇者は魔王をしばらく遠目で見ているのが最良と考えているようです。
●女騎士の憂鬱
近々はじまろうとしている戦争へ、村人も戦場に出る事になります。彼等を指導してきた女騎士も戦争で彼等が死ぬ事は望まないのですが、彼女はただそれを見送るのみ。彼女にはそんな憂鬱があるのですが、そんな彼女をメイド姉が慰めます。

女騎士「お前、メイド長に似てきたな!」

女騎士は戦争を避ける為に修道院に入ったはずですが、結果的に戦争へ送り出す事になるジレンマ。これを理論的に説明出来るのはメイド長、感覚的に慰めるのがメイド姉という事でしょうか。

「まおゆう魔王勇者」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「まおゆう魔王勇者」第3話「馬鈴薯」(ネタばれ注意)
【アニメ】「まおゆう魔王勇者」第2話「メイド姉妹」(ネタばれ注意)
【アニメ】「まおゆう魔王勇者」第1話「魔王、勇者と出会う!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「まおゆう魔王勇者」TVアニメ公式Webサイト