【男性編】気になる人から誘われたけど、先約があったらどうする? ランキング


非常に悩む場面です……





気になる人から誘われれば、それはもううれしいことです。しかし、先に予定が入っていることだってあります。そうなったときには、うまい決断をしなければなりません。もちろん、先約の重要度によっても変わるでしょうが、皆さんはどういう判断をしますか? マイナビニュース会員の男性450名に聞いてみました。





Q.気になる人から誘われたけど、先約があったらどうするか教えてください(複数回答)

1位 ほかの日を提案する 45.1%

2位 先約をキャンセルする 28.0%

3位 先約の時間を調整する 15.3%

4位 別の日に自分から誘う 14.9%

5位 また誘ってほしいという 12.9%







■ほかの日を提案する

・「自分から連絡する口実ができたと喜ぶ」(34歳/学校・教育関連/技術職)

・「なんとしても行きたいが、どうしても無理な場合は確実に次につながる方法を選ぶ」(32歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「先約は優先しつつ、なんとか別日で調整する」(26歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)





■先約をキャンセルする

・「気になるほうが先」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「せっかくのチャンスを逃したくない」(34歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「気になる人の要件は最優先事項」(28歳/商社・卸/事務系専門職)





■先約の時間を調整する

・「調整して駄目だったら後日」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「まずは、会える努力はします」(52歳/電機/技術職)

・「できるだけ気になる人を優先しますが、先約もむげにできないので何とか調整します」(28歳/運輸・倉庫/技術職)





■別の日に自分から誘う

・「こっちも積極的なんですとアピール」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「きっちり自分から言う」(28歳/農林・水産/技術職)

・「社会人としての礼儀」(41歳/電機/技術職)





■また誘ってほしいという

・「いくら気になる人からであっても、先約があるならそれを優先するのは礼儀だし、誘ってくれた人にはまた今度というのが正解」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「次につながる断り方をしたい」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「先約を断るのは失礼だし、かといってただ断るだけでは嫌っていると思われるかもしれないので」(30歳/機械・精密機器/技術職)





■番外編:優先度は状況次第?

・場合による「どうでもよかったら先約をキャンセルする」(26歳/情報・IT/技術職)

・あきらめる「約束は守らないといけないから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・先約の内容によっては先約をキャンセル「親しい友人との飲み会とかだったら、迷わず誘いを受ける」(27歳/運輸・倉庫)





総評

1位は圧倒的な支持を得て「ほかの日を提案する」でした。多くの人は、先約を優先しているようです。ただ断るのではなく、次につなげたいという気持ちがコメントにも込められています。願わくは、体が2つあれば……という心境ですね。





2位は「先約をキャンセルする」という結果に。気になっている人からの誘いはとても貴重なものなので、大事にしたいという熱い気持ちが伝わるコメントが多かったです。もしキャンセルが可能であるならば、そちらを優先したい気持ちも納得です。





3位「先約の時間を調整する」、4位「別の日に自分から誘う」、5位「また誘ってほしいという」は、いずれもかなりの小差でした。どう対処するのがベストなのか、悩んでしまいますよね。





全体的には、先約を優先するという意見が過半数を占めています。気になる人からの誘いに応えたい気持ちを抑えて、先約を優先するのはとても立派な決断ですね。

(文・OFFICE-SANGA 塩田純一)





調査時期:2012年11月9日〜2012年11月18日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性450名

調査方法:インターネットログイン式アンケート