始業15分前の準備で、終業後フル活用 −ビフォー9・アフター7

日中の時間をうまく使っている人ほど、始業前の準備は入念だ。ウオーミングアップをきちんと行えば日中の仕事がはかどり、だらだら残業することもない。ビフォー9の一工夫でアフター7がリフレッシュに使えるので、翌朝もまた前向きに仕事に取り組める。そんな好循環が生まれているようだ。

その中の1人、三井物産の中村さんは始業時間の15分前に出社し、情報収集からスタートするのを日課にしている。

「排出権取引を扱う仕事なので、排出権関係の市況と為替相場、それと会社で利用している情報プロバイダから出てくる情報を毎朝チェックします。環境省と経済産業省の出すプレスリリースや大臣の会見内容にもときどき目を通しますね」

また、中村さんは、週に1度放映される米国の報道番組のポッドキャストをiPodにダウンロードしている。

「通勤や移動中のちょっとした時間に聞けて便利なんです。番組が面白いと思って始めたことですが、政策ウオッチにもなり、仕事にとても役立っています」

同じように隙間時間を有効活用して仕事に役立てているのが、森ビルの伴さんだ。「以前は残業も多かったのですが、今はなるべく減らすように心がけています」と言う。きっかけは他部署から営業部門に異動したこと。

「忙しいからと目の下にクマをつくってお客様と会うのもどうかと思いまして(笑)。今は外回りで生じる隙間時間にメールチェックをしたり、日報を書いたりして事務処理も早め早めに終わらせるようにしています。幸い当社では、どこの森ビルでも管理室というパソコンのある部屋があり、社員はそこを自由に使える。行く先々でフル活用しています」

会社でこのようなサポート体制がなかったとしても、スマートフォンなどのモバイル機器を上手に使えば、伴さんのような時間活用も難しくはない。さらに伴さんは客先を訪問するついでに、付近を歩いて回るようにしているという。

「情報収集の手段は、新聞などのメディアだけでなく、実際に街を歩いてどこに新しいビルができたか、どこが空いているのかを自分の目で確かめるのがいちばん」と伴さん。歩きながら気がついたことがあれば、携帯電話から自分のパソコンにメールを送って備忘録代わりにしているそうで、社内トップクラスの営業成績というのもうなずける。

こうしたワザを駆使して日中の仕事を効率よく済ませれば、アフター7を新たな情報収集や人脈形成にあてる余裕も生まれようというものだ。

パナソニックの横山さんは、夕方以降の時間帯を使い、美術館や演劇鑑賞、映画館などに出かけていくことが多い。

「新人の頃に上司から『時間があるなら会社でじっとしてないで、外で映画を見るなり何なりしてこい』と言われたのが、いまだに身についているのでしょうね。インプットを増やすためであるのはもちろんですが、商品広告の企画を練るにしても、人々が何を面白いと思い、何に感動するかを肌感覚でわかっていなくては共感の持てる表現は生み出せません。だから、映画もDVDで見るより映画館に足を運んで、みんながどこに反応しているか、何に共感しているかを読み取ることが大事なんです」

アフター7で積極的に外へ出ていくという点では、JTBの久保田さんも同じ。ただし、異業種交流が主な目的だ。

「夜は常に2〜3週先まで埋まっています。社内よりも社外、それも異業種の人と会うことが圧倒的に多いですね。私の仕事は、物販やイベントなど旅行以外の商品で新規事業を創出することなので、異業種の人に学ぶことは多い。それにこういう景気だと、社内の人と話すだけでは悲観的な方向に話が向かいがち。ところが社外の人と話すと、『JTBは一般の人にこんなふうに見られているのか』と、それまで気づかなかった強みや特徴が客観的に見えてくる。参考になるだけでなく、ポジティブな気持ちになれるという効用は大きいと思います」

いたずらに残業するのは得策ではない。アフター7で得られるものの大きさを改めて見直してみるのもいいだろう。

----------

中村浩美 
三井物産 エネルギー第二本部環境事業部 排出権プロジェクト室 マネージャー  
1993年、上智大学卒業後、神戸製鋼所入社。その後アジア経済研究所・開発スクールを経て04年オックスフォード大学大学院修士課程入学。修了後、世界銀行を経て、07年、三井物産入社(嘱託)、09年より現職(正社員)。

 

伴 晃一 
森ビル 営業本部 オフィス事業部 オフィス営業2部 プロジェクト 営業グループ  
1981年、埼玉県生まれ。2003年早稲田大学商学部卒業後、森ビル入社。プロパティマネージメント部を経て、06年より現職。「火曜夜と金曜昼に会社で英会話のレッスンがあり、その時間は使えないものとして逆算して行動します」。

 

横山 悟 
パナソニック コミュニケーショングループ クリエイティブチーム 参事 
1968年、大阪府生まれ。90年、金沢美術工芸大学商業デザイン学部卒業後、パナソニック入社。入社以来一貫して宣伝制作業務を担当。メーンの担当は、ナノイーのトータル表現戦略。

 

久保田達之助 
JTB法人東京 事業開発部 事業開発部長  
1989年、明治大学政治経済学部卒業後、JTB入社。虎ノ門支店、コミュニケーション事業部を経て、2010年から現職。化粧品メーカーと共同開発した、旅行用の殺菌ジェル「いつでもどこでもハンドジェル」などがヒット。

----------

(ライター 石田純子=文 澁谷高晴、永井 浩=人物撮影)