オートクチュールがハイテク化?イリス・ヴァン・ヘルぺン3Dプリントドレス発表

写真拡大

 パリで発表された「lris Van Herpen(イリス・ヴァン・ヘルぺン)」の2013年春夏オートクチュールコレクションに、最新の3Dプリント技術が使用された。オランダ出身の気鋭デザイナーは、オートクチュールをテクノロジーで新解釈。立体的なマテリアルでドレスを仕立て、「VOLTAGE(=電圧)」をテーマにエレクトリックな11体のコレクションを発表した。

テクノロジー化するオートクチュールの画像を拡大

 デザイナーlris Van Herpenは、フランスのオートクチュール協会のゲストメンバーとして、コレクションウィークのスケジュールに参加。アヴァンギャルドなコレクションが話題を集めているが、1月21日に開催されたコレクションでは前回に続きオーストラリア人建築家Julia Koernerとコラボレーションし、3次元造形機の世界最大のメーカーであるストラタシス社の3Dプリントの技術が使用された。

 3Dプリントは様々な素材を使用し、身体の動きに沿ったデザインが可能。伝統的なクチュリエの技術に代わり、"テクノロジー・オートクチュール"と解釈することができる新しいデザインを作り上げた。lris Van Herpenは「新しい自己表現は、消費至上主義のファッション以上に重要だと考えています。3Dプリントの技術が日常の服に応用されることは時間の問題。層を重ねていく3Dプリントの製造方法は、これから新しいアイディアのインスピレーションになるでしょう」とコメントしている。


■lris Van Herpen オートクチュールコレクション「VOLTAGE」詳細
 http://www.fashionsnap.com/collection/iris-van-herpen/2013ss-couture/