現代アートフェア「G-tokyo」3月開催 草間彌生や名和晃平など

写真拡大

 気鋭アーティストの作品を観て、購入できる現代アートフェア「G-tokyo 2013」が、3月23日と24日に開催される。4度目を迎える今回は、「東京ミッドタウン」に会場を移して出展ギャラリーの顔ぶれも一新。国内フェア初登場となる"水玉の女王"草間彌生の大型立体作品や若手現代アーティスト名和晃平の新作彫刻「Trans」など、幅広い作品が揃う。会期中には昨年70万人が来場したという一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト」も開かれ、「G-tokyo 2013」は初日の開場時間を深夜0時まで延長する。

第4回「G-tokyo」3月開催の画像を拡大

 2010年にスタートした「G-tokyo」は、日本のアートシーンを率いるトップギャラリーが出展し、質の高い作品を来場者に提供するアートフェア。「G-tokyo 2013」の会場構成は若手建築家ユニット「MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO(マウントフジアーキテクツスタジオ)が担当し、これまでのブース型展示とは異なる解放的な空間で現代アートの数々を展示する。

 六本木の「オオタファインアーツ」からは、世界を巡回した大規模回顧展や「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」とのコラボレーションでも話題を集めた草間彌生による大型立体作品が登場。谷中の「SCAI THE BATHHOUSE」は「ものの表皮」への意識から発した多様な彫刻表現を行う名和晃平の「Trans」を出展する。今年初出展となる東麻布の画廊「タケニナガワ」からは、昨年「ヒューゴ・ボス賞」を受賞したベトナム生まれのアーティストDan Vo(ダン・フォー)を紹介。「G-tokyo 2013」とオーストラリア発の自然派スキンケアブランド「Aesop(イソップ)」によるコラボレーション企画も開催され、会期に合わせてギャラリーからセレクトされたアーティストの映像作品が「Aesop」のショップで上映される。

■G-tokyo 2013
 会期:2013年3月23日(土)11:00-24:00
        3月24日(日)11:00-19:00
 料金:一般 1200円、学生(高・大)1000円、 4歳〜中学生:600円(当日限り有効)
 会場:東京ミッドタウン・ホール
 住所:東京都港区赤坂 9-7-2 B1F
 問い合わせ:G-tokyo 2013 事務局 info@gtokyo-art.com
       東京ミッドタウン・コールセンター 03-3475-3100(10:00〜21:00)
 http://www.gtokyo-art.com

■出展ギャラリー
 ギャラリー小柳、ギャラリーSIDE 2、ヒロミヨシイ六本木、イムラアートギャラリー、カイカイキキ ヒダリジンガロ、ケンジタキギャラリー、児玉画廊、小山登美夫ギャラリー、MISA SHIN GALLERY、ミヅマアートギャラリー、MORI YU GALLERY、オオタファインアーツ、SCAI THE BATHHOUSE、タカ・イシイギャラリー、タケニナガワ、TARO NASU、ユミコチバアソシエイツ、ワコウ・ワークス・オブ・アート [アルファベット順]

■実行委員会メンバー
 ディレクター:フェリエ肇子、小山 登美夫(小山登美夫ギャラリー)、三潴 末雄(ミヅマアートギャラリー)、大田 秀則(オオタファインアーツ)、吉井 仁実(ヒロミヨシイ六本木)
 事務局: 池田あかね、菅原 愛、田中雅子