珈琲豆をサクラチップで燻した「キリン ファイア 燻製珈琲ブラック」発売

写真拡大

キリンビバレッジは3月12日、ボトル缶入りブラックコーヒー「キリン ファイア 燻製珈琲ブラック」を発売する。

同商品は、直火で炙(あぶ)ったコーヒー豆を、サクラのウッドチップで燻(いぶ)すことで、深みのある味わいと、甘く華やかな香りを実現した。

広口ボトル缶を採用することで、飲用時に香りを楽しむことができるという。

使用されているコーヒー豆の一部は「ファイア コーヒーファーム」と命名された、ブラジルのパートナー農園から収穫されたものとなっている。

価格は140円。

今回、ユーザーに「ファイア」の品質へのこだわりをより身近に感じてもらえるよう、「ファイア コーヒーファームプロジェクト」を2月12日に立ち上げ、コーヒー豆が製品になるまでの過程を、パートナー農園主からFacebook上で情報発信してくという。