退職金をリスクゼロで年利3%で運用する方法

写真拡大

長年働いた成果として受け取る虎の子の退職金。受け取った1年めはまったくリスクがない「退職金専用預金」を利用するのが賢いやり方。リスクゼロでしっかりと資産を増やせる方法を教えます! 

2000万円で60万円の利息も!

 2013年から退職金に対する住民税の10%控除の廃止に加え、復興税が付加され、退職金の手取りは減ってしまう。この手取り減を少しでも取り戻すためにも、「退職金」限定で預けられる高金利の専用預金を利用しない手はない。各銀行が用意する退職金専用預金は、高いところで3.5%と高金利。預金なのでもちろん元本割れリスクはない。

 預け入れ期間は3カ月など短期のものがほとんどだが、複数の銀行に預け回せば、1年間フルに高い利息を受け取ることができるのだ。

 気をつけなければいけないのが、専用預金のほとんどが退職金受け取り後3カ月〜1年以内と預け入れできる期間を限定している点だ。

 08年に退職し退職金の預け回しで高金利をゲットした「退職金の運用ガイド」サイトの管理人MILKYさんは、次のようにアドバイスする。

 「多くの銀行で預け回すためには、退職金受け取り直後のスタートダッシュが大事。退職前から金利をチェックして預け先を決めておくこと、そしてあらかじめ退職金の振り込み先を指定したり、満期が来たらすぐに資金を移動できるように満期前に次の銀行の普通口座を開いておくなど効率よく預け回すことが重要です」

 退職金専用預金は、預け入れと解約を窓口で行なわなければいけないが、その手間さえこなせば、退職金が2000万円の場合、リスクゼロで1年間で約60万円の利息が手に入るのだ!

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)