新しく住む街で、病院や銀行をどう探す? 知りたいスポット検索法!

写真拡大

進学・就職などで新しい街での一人暮らしを始めると、最初は街について分からないことばかりでしょう。

病気やけがで病院を探したり、買い物をするのにスーパーやコンビニを探したり、給料を引き出そうと思ったらまずは銀行の場所を調べなければなりません。

このままでは、何をするにもついおっくうになりがちです。

そんなとき、目的のスポットを探す便利な方法がありますので、いくつかご紹介しましょう。

■意外と賢い!!? スマホの地図アプリまず簡単で使いやすいのが、スマホの地図アプリです。

探したいキーワードを入力するだけで、近所の銀行やコンビニを表示してくれます。

また、紙の地図とは異なり、GPS機能を搭載しているので、地図を現在地に合わせて“コンビニ”と入力すれば、付近のコンビニを表示してくれるので便利です。

「朝起きたら、なんだか具合が悪い」なんていうときも、すぐに病院を検索できるので安心できますね。

またアプリによっては、ちょっと変わった検索方法もあります。

例えば“美味しいもの”と入力すると、近くの美味しいお店を教えてくれたりするのです。

引っ越したばかりではお店の名前なども分かりませんから、これは重宝するのではないでしょうか。

スマートフォンには最初から地図アプリがインストールされていますが、それ以外にも数多くの地図アプリが販売されています。

無料のものもありますので、色んなアプリを試してみるのがおすすめです。

■賃貸サイトのマップは地域情報の宝庫生活スポットを探す便利なもので、意外と知られていないのが賃貸サイトのマップです。

賃貸サイトには地域情報などを検索できるマップが設置され、近くの病院やスーパー、飲食店などが包括的に表示されています。

中には利用者の口コミが掲載されていたり、他の紹介サイトとリンクされているものもあり、非常に便利です。

私も出張で見知らぬ土地へ出かける際には、よく利用していますよ。

知らない場所へ行くのは不安という人も、口コミがあれば参考になりますよね。

実際に利用してみて満足すれば、自分もまた誰かに紹介したくなるかもしれません。

みんなが「紹介したい」と思うお店が多いということは、住んでいて楽しい場所だとも言えるでしょう。

新しい土地での新生活、休みの日にはそんな地図を見ながら出掛けてみても楽しいのではないでしょうか。

新居に住めば、分からないことが多々あるのは当然です。

しかし、毎日新しい“発見”があるというのも、新生活の楽しみの一つ。

フレッシュな気持ちで、新しい生活を楽しんでくださいね。

文:中郷 洋次