三陽商会が25日、希望退職者を募集することを発表した。全従業員の1割以上に相当する230人程度を削減する方針で、退職予定日は6月30日。

三陽商会が希望退職者を募集の画像を拡大

 三陽商会は今回の希望退職者募集を「抜本的な構造改革施策の一つ」としており、実施理由について「収益確保の為に種々の取り組みを行ってきたが依然として厳しい状況が続いており、利益体質を強化することが急務となっているため」と説明。退職者は会社都合として扱い、所定の退職金に加え特別退職金を支給するほか、希望者には再就職支援会社を通じた再就職支援を行うという。2013年12月期の業績に与える影響については現在精査中としている。

 三陽商会は2012年12月期1月から9月までの売上高が前年比4.8%増の731億4,700万円、当期純利益は3億1,300万円を計上している。