インテリアの知識Vol.3 〜ランプ?〜

 

生活にかかせないインテリア。インテリアの知識が多いほどそのコーディネイトの幅も広がります。「インテリアの知識」では、お部屋のレイアウトやマイホームを建てる際に役にたつ、インテリアの基礎知識をご紹介します。

第3回からは「ランプ」についてです。

ランプには様々な種類があり、使用用途に適したものを選ぶ必要があります。

今回は各種ランプについて重要な指標になる「演色性」「色温度」「寿命」「消費電力」に注目して見ていきます。

 

演色性

CIE(国際照明委員会)空間別推奨Ra演色性とは光源がある物体を照らしたときに、その物体の色の見え方に及ぼす光源の性質で、一般的に自然光を基準として、近いものほど「良い」「優れる」、かけ離れたものほど「悪い」「劣る」と判断します。

日本では演色評価数(Ra)が一般的に使われ、最大を100(自然光)として数値であらわされます。

住宅では80以上が推奨され、飲食店・物販店など商業施設では90以上が推奨されます。

 

色温度

ある物体を熱していくとだんだん発熱して赤く発光し、その時の色と温度の関係を取って光の色を温度で表したものです。

温度が低い時は暗いオレンジ色。温度が高くなるにつれて黄色みを帯びた白になり、さらに高くなると青みがかった白に近くなります。

色温度の単位としては「K(ケルビン)」が使われています。

 

蛍光灯の場合、光の色は色温度が高い順に「昼光色」「昼白色」「白色」「温白色」「電球色」と分類されています。

・昼光色  色温度 6700K・・・晴天の正午の日光の色

・昼白色  色温度 5000K・・・晴天の正午を挟んだ時間帯の日光の色

・白色   色温度 4200K・・・日の出2時間後の日光の色

・温白色  色温度 3500K・・・夕方の日光の色

・電球色  色温度 3000K・・・白熱電球の色

色温度

 

演色性と色温度

演色性の観点から見ると、自然光に最も近いものは白熱電球ですが、実際には赤みを帯びて見えます。また、色温度の観点から見ると、蛍光灯の昼白色が自然光と同じ色味ですが、実際には冷たく感じます。これは、白熱電球の色温度が低いことと、蛍光灯の演色性が低いことが原因です。実際の自然光に近い光を作るためには、演色性が高く(90以上)、色温度が5000Kのランプを使用する必要があります。この条件を満たすランプとして、高演色タイプの蛍光ランプやLEDランプがあります。

演色性と色温度

 

寿命

ランプごとに定格寿命が異なります。

一般的には白熱電球<ハロゲンランプ<蛍光ランプ<LEDランプの順に長くなります。

ランプの平均寿命

 

消費電力

W(ワット)という単位で表され、同じ明るさの電球の場合、一般的には白熱電球>ハロゲンランプ>蛍光ランプ>LEDランプの順に低くなっていきます。例えば、40W相当の白熱電球をLEDに換算した場合その消費電力は4.1Wとなり、およそ90%の節電となります。

次回からは、「白熱電球」「ハロゲンランプ」「蛍光ランプ」「HID」について詳しく見ていきます。