キャンペーンキャラクター「てんけんくん」

写真拡大

自動車による事故を防ぐには、車両の適切な点検や整備が肝心だ。ブレーキランプ切れなど整備不良の状態で放置しておくと、他の車を巻き込んだ事故が起こりかねない。日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、自動車の点検・整備を促し、事故の防止を図る「マイカー点検キャンペーン」を2013年9・10月に実施する。これに先駆け、同キャンペーンのスローガンを募集している。

テーマは「定期的な点検・整備とクルマの安全」

同キャンペーンは毎年9・10月の2か月にわたって展開しており、2013年で28回目を迎える。9月の第1土曜日を「マイカーてんけん日」(2013年は9月7日)と設定し、無料の「マイカー点検教室」を開催するなど、自動車整備事業者と自動車利用者の交流を深め、自動車の点検・整備の重要性を訴える。

募集するスローガンのテーマは「定期的な点検・整備とクルマの安全」。最優秀賞に選ばれた1作品は2013年度のキャンペーンのスローガンに採用され、受賞者には賞金10万円が贈呈される。前回の受賞作は「澄んだ空 未来に届ける マイカー点検」だった。また、応募者の中から抽選で400人にキャンペーンキャラクター「てんけんくん」グッズがあたる。日整連のウェブサイトから応募できる。募集締め切りは2月28日。