「雪ミク」電車、プラモデルをさっぽろ雪まつりなどで販売 - フジミ模型

写真拡大

フジミ模型は、2月5〜11日に開催される「第64回さっぽろ雪まつり」および、2月10日開催の「ワンダーフェスティバル2013冬」にて、「雪ミク電車2012年モデル」「同2013年モデル」を販売する。

「雪ミク電車」は、音声合成ソフトの人気キャラクター「初音ミク」の冬バージョン「雪ミク」を車体に描いた路面電車で、札幌市内で冬季に運行されている。

今季で3シーズン目となる、冬の風物詩となっている。

同商品は、札幌市交通局3300形電車をベースに、2012年、2013年モデルをキット化した1/150スケールプラモデル。

フルラッピングされたボディーは塗装済みとなっており、車体の細部まで再現されている。

さらに、札幌の観光名所「札幌時計台」のキットもセットされ、冬の札幌を自宅で再現可能となっている。

価格は共に2,940円。

同商品は3月発売予定だが、2月5〜11日に開催される「第64回さっぽろ雪まつり」(北海道札幌市・大通公園など)と、2月10日開催の「ワンダーフェスティバル2013冬」(千葉県千葉市・幕張メッセ)にて販売される。

なお、イベントでの販売キットは、成形色が一部異なる。

その他、詳細は同社Webページで確認できる。