東京都・新宿に、高速バス利用の就活生のための無料施設誕生 - 弁当も提供

写真拡大

WILLER TRAVEL(ウィラートラベル)は2月4日に、同社の高速バスを利用する就活生が無料で利用できる「WILLER HOUSE」(ウィラーハウス)をWILLERバスターミナル新宿西口内にオープンする。

同施設は、就職活動を行う学生を対象に、コミュニケーション・くつろぎ・就活スタンバイの3つのテーマからなる空間を提供する。

「コミュニケーションゾーン」では、就活生同士の情報交換や企業・社会人との交流ができる。

「就活スタンバイゾーン」では、企業情報の収集やプリントアウト、履歴書やエントリーシートなどの必要書類の準備ができるオフィス機器を自由に使用することができるという。

「くつろぎゾーン」には体を休められるチェアを用意しており、夜行バスで東京に到着したあとの仮眠や、企業訪問の空き時間に休憩を取ることができる。

その他にも、企業担当者と少人数で密に交流ができる「HOUSEミーティング(企業説明会)」も開催する。

また、昼食の弁当も無料で提供するとのこと。

就活生の「あったらいいな」を実現し就活に励む学生をサポートしていくという。

同施設の開設期間は、2月4日〜5月31日。

営業時間は7時〜16時(土、日、祝日は除く)。

開設場所は、東京都新宿区西新宿の新宿住友ビルディング1階 WILLERバスターミナル新宿西口内。

利用は無料。

利用は、就職活動を行っている学生で当日WILLER EXPRESS・STAR EXPRESS・ARENA EXPRESS・KOTOBUS EXPRESSのバス利用者もしくはWILLERメルマガ会員の登録者が対象。

バス予約確認メールもしくはメールマガジンと学生証の提示が必要となる。