「時空研究所」からの脱出! 東京都新宿区でリアル脱出ゲームの新作公演

写真拡大

イベント制作などを行っているSCRAPは、常設型リアル脱出ルームの新作公演「時空研究所からの脱出」を、「アジトオブスクラップ GUNKAN 301」(東京都新宿区大久保1-1-10 GUNKAN東新宿301)で、2月24日からスタートする。

「リアル脱出ゲーム」は、2004年に発表されたインターネットの無料ゲーム「クリムゾンルーム」を発端に盛り上がりをみせた「脱出ゲーム」を、そのまま現実世界に移し替えた参加型ゲームイベント。

実際にある建物などに閉じ込められた参加者は、頭脳と体を駆使して謎を解き明かし脱出する。

今回の「時空研究所からの脱出」は、常設型のリアル脱出ルームにて開催。

参加者は、タイムマシンの開発に成功した「時空研究所」で働く職員という設定で、マシン完成直後に閉鎖された研究所から、謎をときつつ脱出を試みるという。

参加人数は1公演9名限定。

2月公演は、火曜から金曜が1日2回(17時、20時)、土曜・日曜・祝日が1日3回(14時、17時、20時)。

3月公演は、火曜から金曜が1日3回(17時、19時、21時)、土曜・日曜・祝日が1日4回(11時、13時、15時、17時、19時)となる。

入場料は、前売が2,980円、当日が3,480円。

一般発売の受け付けは、2月9日12時から「e+(イープラス)」で開始するとのこと。

詳細は、公式ホームページで見ることができる。