2012年のクールビズで感じたメリットは「特にない」 - ニューヨーカー調べ

写真拡大

ニューヨーカーが運営するファッション通販サイト「NY.online -エヌワイ・オンライン -」は、クールビズについてのアンケートを実施。

調査は2012年12月17日〜2013年1月7日にかけて、メールマガジン会員494名を対象に行った。

まず、「あなたの会社がクールビズを導入したのはいつからですか?」と尋ねたところ、クールビズが開始された2006年から導入した、と回答した割合は35%だった。

「2010年」「2011年」と回答した割合がそれぞれ13%。

2011年に発生した東日本大震災の影響で「スーパークールビズ」の導入が推奨され、企業の導入が進んだようだ。

次に、「あなたの会社の2012年クールビズを100点満点で評価すると何点ですか?」と聞くと、80点台という高い評価が全体の30%と最も多かった。

以下、70点台、60点台と続く。

また、自社の取り組みが100点と評価した回答者は全体の約4%、40点以下の低い評価は全体の約5%となっている。

クールビズ実践に関する会社のルールについては、企業や部署単位でクールビズのガイドラインを設定している割合が、全体の約60%と最も多かった。

個人の判断で実践していると回答した割合は、29%にとどまった。

2012年のクールビズを実践したことで「メリット」と感じた事について尋ねると、「特にない」という回答が最も多かった。

「効率が上がった」と回答した割合は25%、「職場の男性のコーディネートが華やかになった」という回答は16%となっている。

一方、デメリットでも「特にない」が42%で最多。

「洋服代がかさんだ」という意見は13%だった。