ネットショッピングモール「ポイントUPモール」刷新、ショッピング情報集約

写真拡大

三井住友カードは24日、カード会員向けネットショッピングモール「ポイントUPモール」のサイトリニューアルを実施した。

リニューアル第一弾として、三井住友カード会員限定のお得なショッピング情報を集めたサイト「Vpass shopping(ブイパスショッピング)」を「ポイントUPモール」に集約し、顧客にポイントUPや割引情報、優待情報等さまざまなメリットをワンストップで提供するという。

「ポイントUPモール」とは、三井住友カード会員向けインターネットサービス「Vpass(ブイパス)」内のネットショッピングモールで、モールを経由してネットショッピングをするだけで、ワールドプレゼントのポイントが通常の2倍から20倍貯まるサービスのこと。

「Vpass shopping」の中で人気の高かった、高級ブランドアイテムが最大80%オフになるサイト「PREMIUM BRAND Avenue」や、同社会員専用の通販サイト「V-collection」などのネットショッピングサービスを「ポイントUPモール」に移行。

また、新たに20のショップも追加し、店舗数を約400店に拡大。

顧客にワンストップでさまざまメリットを提供できる、より利用しやすいモールにすることで、利便性向上・利用促進を図るとしている。

あわせて、「ポイントUPモール」のデザインの全面的な見直しを実施。

モールTOPページのプロモーションエリアを拡大し、顧客にメリットをわかりやすく伝えるとともに、コンテンツごとのサービスタブを設けてページ切替を簡便にするなど、よりわかりやすく、より使いやすいサイトへとリニューアルする。

また、同タイミングでロゴの刷新も実施した。

三井住友カードは今後も新しい利用促進施策を実施し、順次コンテンツを追加していく予定で、引き続き「ポイントUPモール」を始めとする会員サービスの拡充に努めていくとしている。