【男性編】お参りしたい歴史的有名人のお墓ランキング


先達のお墓参りをしてあやかりたい





墓マイラーという言葉も聞かれるようになった今日このごろ。歴史上有名な人物のお墓を目の前にすると歴史が身近に感じられることも。そんなお参りしたいお墓をマイナビニュース会員の男性441人にアンケートをしてみました。あの、幕末時代の寵児がトップ!





Q.お参りしたい歴史的有名人のお墓は?

1位 坂本龍馬(土佐藩郷士) 京都府 京都霊山護国神社 18.1%

2位 織田信長(武将) 京都府上京区阿弥陀寺ほか 17.5%

3位 宮本武蔵(剣豪) 熊本県熊本市 泰勝寺 12.5

4位 武田信玄(武将) 山梨県塩山市恵林寺 10.9%

5位 上杉謙信(武将) 和歌山県 高野山奥の院 9.5%





■坂本龍馬(土佐藩郷士) 京都府 京都霊山護国神社

・「いま日本に一番必要な人物だと思うから」(37歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「幕末の時代にあって、先を見通す力にたけた人であり、尊敬しているから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「幕末の英雄だから」(50歳/機械・精密機器/技術職)





■織田信長(武将) 京都府上京区阿弥陀寺ほか

・「墓を目の前にして戦国時代に思いをめぐらせたい」(28歳/電機/技術職)

・「生きざまがかっこいいから」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

・「発想力や決断力にあやかりたい」(54歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)





■宮本武蔵(剣豪) 熊本県熊本市 泰勝寺

・「強くなれそうだから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「いっただけで自分も強くなった気になれそう」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「達人に敬意を表したいから」(43歳/マスコミ・広告/経営・コンサルタント系)





■武田信玄(武将) 山梨県塩山市恵林寺

・「武田信玄がすきで、少しでも生きざまを感じることができそう」(26歳/不動産/その他)

・「好きな武将なので」(27歳/情報・IT/技術職)

・「戦いの時の心境をじかに聞いてみたい」(43歳/電機/事務系専門職)





■上杉謙信(武将) 和歌山県 高野山奥の院

・「義を重んじる武将だから」(47歳/情報・IT/技術職)

・「毘沙門天の化身だから」(33歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「ストイックな感じ」(58歳/その他)





■番外編:作家、詩人のお墓も

・小泉八雲(作家) 東京都雑司ヶ谷霊園「小説が好きだから」(47歳/機械・精密機器/技術職)

・森鴎外(軍人 作家) 東京都三鷹市禅林寺「作品が好きだから」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・石川啄木(詩人) 北海道函館市 立待岬「彼の詩が好きなので」(45歳/建設・土木/技術職)





総評

1位は「坂本龍馬(土佐藩郷士) 京都府 京都霊山護国神社」となりました。本人の魅力はもとより時代の英雄であること、さらに「現代の日本にいてほしい」という意見も。多面的な魅力によりトップを獲得しました。



2位は「織田信長(武将) 京都府上京区阿弥陀寺ほか」。戦国時代を収束させた最大の功労者です。能力、カリスマ性に魅力を感じるとともに、戦国時代を代表する人物として信長を選んだ回答者が多いのが特徴です。「墓参りを兼ねて観光したいから」というように、日本有数の観光地である京都に存在することも「行きたい」と思わせる一因です。



3位は「宮本武蔵(剣豪) 熊本県熊本市 泰勝寺」。小説を読み、武蔵の魅力を知ったという回答が寄せられています。「強くなれそう」など、ご利益を期待する意見も多いことが特徴的でした。



4位は「武田信玄(武将) 山梨県塩山市恵林寺」。好きな武将だから、という意見が多数派でした。一方、ライバルの「上杉謙信(武将) 和歌山県 高野山奥の院」は5位。好きな武将であるというコメントのほか、精神性、信仰など、内面の魅力についての回答も。



番外は、文学で活躍した人物です。森鴎外、小泉八雲ともに「作品のファン」という意見が大多数でしたが、石川啄木のみ「風景が綺麗な場所だから」「湯の川温泉があるから」「函館に行きたい」など、「墓のある場所」についてのコメントが多く寄せられています。



ランクインしたのはすべて武士。生き方に感銘を受けて、という回答が多いのは男性ならでは。人気は幕末の龍馬、戦国の信長が二分。回答者が興味を持っている時代が顕著に表れました。平安、鎌倉、南北朝、明治、昭和の各時代は少数派と言う結果に。地域という視点では京都をはじめ奈良、鎌倉、函館などの観光地が興味の対象であるようです。1位の龍馬、2位の信長は、「人気がある時代」「本人の魅力」、そして「墓の場所が観光地に近い」こと、3つの条件を兼ね備えているための結果であることが見てとれます。

(文・OFFICE-SANGA 秋田茂人)





調査時期:2012年12月14日〜2012年12月19日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性441名

調査方法:インターネットログイン式アンケート